磯子区版 掲載号:2016年2月25日号

市内市立校

「つり天井」完全撤去にめど 社会

年度内に改修完了へ

 東日本大震災から5年、横浜市は学校施設における「つり天井」などの落下防止対策を進めてきたが、対象市立学校120棟の15年度中の完全撤去にめどが立ったことがわかった。一方、大型公共施設では天井脱落対策が完了しておらず、市建築局は「脱落危険度などを加味し、早急に進めたい」としている。

 甚大な被害が発生した東日本大震災の被災地では、多くの学校施設で天井材などが落下。児童生徒らが負傷したほか、学校施設が避難場所として使えない事態も発生した。文科省に報告されている同震災での公立小中学校施設の被害件数は3014件、そのうち半数以上の1636件が天井材の落下だった。

 これを受け、市は13年に市内公立学校などの体育館や武道場を調査。横浜では同震災による天井落下被害はなかったものの、小学校9棟、中学校89棟、高校16棟、特別支援学校6棟の計120棟に崩落の危険性がある「つり天井」が備えつけられていることが判明した。そこで市は児童生徒の安全確保のため、昨年度までに70棟で撤去作業を完了させ、残りの50棟についても今年度中に改修を終えたいとしていた。

大型施設は9割未着手

 一方、学校以外の公共建築物については「市公共建築物天井脱落対策事業計画」を策定。それによると、災害時の拠点となる市区庁舎や消防施設、帰宅困難者一時滞在施設などの大型公共施設のつり天井改修は107施設147室が対象と明記されている。

 市建築局は脱落危険度や災害時に果たすべき機能の重要度を勘案し、順次改修を進めているというが、今年度までの事業着手は9施設12室のみで、9割以上が手つかずの状況だ。

 計画によると、市は17年度までに着手する第一群(34施設50室)とそれ以降の第2群(73施設97室)を定めて事業を推進していくという。市担当者は「(7年後の)22年度までにはすべての改修を終わらせる」と話しているが、年間20万人以上が利用する対象施設の担当者は「(天井脱落の)危険性があれば施設利用者の安全のために、早めに改修してほしい」と不安を口にする。

 さらに、107施設のうち4割程の41施設が帰宅困難者一時滞在施設で改修が長引くと万が一、首都圏で大規模地震が発生した際の受け入れ人数にも影響が出る事態も考えられる。

 市は「仮に大規模地震が発生した場合、滞在施設の安全面を確認した上で、受け入れ人数などを調整していく」と話している。
 

関連記事powered by weblio


磯子区版のトップニュース最新6件

ご当地ソングを制作

杉田小6年3組

ご当地ソングを制作

2月23日号

区制90周年事業を核に

2017年度磯子区予算案

区制90周年事業を核に

2月23日号

旧耐震基準宅を戸別訪問

横浜市

旧耐震基準宅を戸別訪問

2月16日号

動画で魅力・歴史を発信

磯子区

動画で魅力・歴史を発信

2月16日号

一般会計実質1.3%減

市新年度予算案

一般会計実質1.3%減

2月9日号

洋光台に地域交流カフェ

関連記事(ベータ版)

磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/