港南区・栄区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災 市が避難場所を提供 600人を受け入れへ

民生委員と話しながら、安堵の表情を見せる被災者
民生委員と話しながら、安堵の表情を見せる被災者

 東日本大震災で被災した人々を受け入れるため、横浜市は3月17日、市の施設2カ所を一時避難場所として提供することを決めた。

 今回、受け入れ場所となったのは、磯子区にある「たきがしら会館」と、市が所有する群馬県利根郡にある「赤城林間学校」。いずれの施設も最大300人程度受け入れが可能。介護などの必要がなく、自立した生活が可能な被災者が対象で、事前に被ばく線量の測定などの健康調査を行う。

 たきがしら会館では準備の整った19日午後から、受け入れを開始。開場と同時に、約20人の被災者が会館を訪れた。いわき市から妻や娘など家族4人でやってきたという30代の男性は、「放射能が心配で、窓を目張りし、外気を遮断するため暖房も使えなかった。目に見えないものだからこそ、現地の人たちが感じる圧迫感はすごい。横浜にたどり着けて、ほっとした」と、少し疲れた表情で話した。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

自治会町内会に入ろう!

ホームページで活動情報を発信中!ぜひ1度ご覧ください。

http://www.konan-kurenkai.org/

福聚院墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク