港南区・栄区版 掲載号:2011年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

「神様がくれた休暇〜節子の闘病記〜」を出版する 五十嵐 節子さん 大久保在住 60歳

障害受け入れ前向きに

 ○…7年前、くも膜下出血を発症。左半身が麻痺となるも病床で筆を取り、10月に「神様がくれた休暇〜節子の闘病記〜」を出版する。健常者から一転、中途障害者となり、双方の立場を体験。「たくさんの人に読んでいただきたい。病気の人も、そうじゃない人も」。

 ○…熊本県出身。大学進学時に上京し、結婚後に港南区に居を構えた。2人の子どもの育児を行いながら、仕事は学習塾を2つ掛け持ち、さらに家庭教師も。友人とは食事会や旅行を楽しみ、琴やコーラスにも通う。近隣では元気なことで有名で忙しくも充実した毎日を謳歌していた。

 ○…ところが平成16年12月29日深夜、入浴中にかすかな頭痛と吐き気を覚え、その後自宅2階で意識を失った。目が覚めたときはICUのベッドの上。全身の自由が利かず、脳に障害を負ったと聞かされた。「こんな体になるのなら、何故倒れたときに死ななかったと悔やんだ」と振り返る。高次脳機能障害により情緒は落ち着かず、理由もなく涙が止まらない。障害を受け入れられず、健康な時とのギャップに苦しんだ。しかし持ち前の前向きさから命があるだけよかったと考えるように。「障害を嘆くより残存機能をいかそう」と、長く辛いリハビリを乗り越えた。左半身は不自由だが、現在では大抵のことを一人でできるまでに回復。右手のみで料理も行う。

 ○…元気だった頃は目につかなかった街中の障害者の多さや、障害者に接する人の様子に気がつくようになった。最初は周囲の手助けに抵抗感を感じていたが、今では素直にサポートを受けている。病後は人生観が変わったと話し、「いろんなことに感謝するようになった」。今回出版する本の題にある「休暇」とは「昔は忙しすぎた。これは神様が休暇をくれたのだと考えるようになった」。本書には障害克服の過程が詳細に書かれた。同じ障害を持つ人の道標のひとつになれたら、と頼もしい笑顔を見せる。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

遠藤 吉隆さん

港南歴史協議会のメンバーとして神話、神社についての講演を続ける

遠藤 吉隆さん

3月1日号

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

自治会町内会に入ろう!

ホームページで活動情報を発信中!ぜひ1度ご覧ください。

http://www.konan-kurenkai.org/

福聚院墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク