港南区・栄区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

港南区工業会 「厳しい時代を連携で」 30周年で祝賀会

挨拶をする笠原会長
挨拶をする笠原会長

 昭和56年に発足した港南区工業会(笠原節夫会長)が30周年を迎え、11月11日、中区山下町のローズホテル横浜で記念式典と祝賀会を開催した。来賓や会員など140人あまりが出席し、盛大に執り行われた。

 港南区工業会は地域企業間の連携を強化し、工業の地位向上と地域社会の発展を目的に設立。横浜市とつながりを持ち、(社)横浜市工業会連合会(市工連)の会員として工業施策についての要望や提言を行うなどの活動をしている。また、東日本大震災の義援金として約200万円を仙台市のみやぎ工業会に届けるなどの支援を続けているほか、毎年1月に行われる港南区健康ランニング大会に協賛するなど地域活動も積極的だ。

 一方、港南区工業会の特徴として、工業関係以外の企業も多く会員に名を連ねており、現在の会員数は区内企業を中心に115会員。会員同士がゴルフやカラオケなど趣味を楽しむコミュニティー部があり、部会の活動も活発だ。

 祝賀会は大貫一幸港南区長や市工連の佐藤信夫会長、港南区選出議員などが来賓として出席。乾杯の音頭は横浜信用金庫の斎藤寿臣理事長が務めた。出席者は各テーブルで懇親を深めていたほか、ベリーダンスの余興などもあり、終始賑やかな会となった。

 笠原会長は挨拶で、東日本大震災と円高にふれながら「ものづくりの企業があえいでいる」と話し、本紙の取材に対しても「デフレが続き、マーケットが縮小している中、会員企業の維持発展が難しくなっている」と厳しい見通しを示した。しかし「各社が持っているオンリーワンの技術を引き出しながら、工業会が培ってきた会員同士の連携で乗り切っていきたい」と決意を語った。また、笠原会長は「次の若い世代が自由に動ける組織にしていきたい」と話し、40周年に向けて一層の飛躍を誓っていた。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

港南区選抜が準優勝

少年野球各区選抜大会

港南区選抜が準優勝

3月15日号

森の魅力PRへ意見交換

日野小「暁」が全国3位に

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

シニア男性の声 商業施設へ

自治会町内会に入ろう!

ホームページで活動情報を発信中!ぜひ1度ご覧ください。

http://www.konan-kurenkai.org/

福聚院墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク