港南区・栄区版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

本格的な走りに歓声 親子でミニSL体験

社会

子ども達は大喜び
子ども達は大喜び

 永谷地区社会福祉協議会(若林諭会長)は11月23日、芹が谷南小学校校庭で「親子で遊ぼう ぽっぽ(ミニSL)に乗って」を開催した。

 これは親子で交流する機会を設けようと昨年始まったもの。芹が谷在住の佐藤義正さんが趣味でミニSLを制作していることから実現したもので、地域のボランティアがレールを敷く作業を手伝った。

 当日は晴天に恵まれ、180人の親子連れが来場。石炭を燃やして走行する本格的なSLにまたがった子ども達は目を輝かせて楽しんでいたほか、東永谷中学校吹奏楽部も会場で演奏を披露し、雰囲気を盛り上げていた。来年以降も開催を継続していく予定で、若林会長は「SLが走る仕組みを、事前に学ぶ機会も設けていきたい」と意気込んでいた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク