港南区・栄区版 掲載号:2012年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

「何をすることができるか」 大久保最戸地区

あいさつする地区社協の林会長
あいさつする地区社協の林会長

 大久保最戸連合町内会(笠原勝一会長)と同地区社会福祉協議会(林金吾会長)は12月5日、せんざん港南台本店で忘年会を開催した。

 当日は役員や区役所職員など60人ほどが集まり、親睦を深めた。

 欠席した笠原会長の代わりにあいさつに立った林会長は、地域福祉保健計画に沿って11月に認知症や発達障害児の家族による講演会「ハートのあるまちづくり講演会」を実施し、症状の理解を深めたことを説明。「地域には色々な人がいる。自分が何をすることができるか、何からすることができるかを知ることが大切」と地域活動の思いを語った。また、地域福祉保健計画についても「間を空けず、ステップアップしていきたい」と抱負を述べていた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク