港南区・栄区版 掲載号:2012年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

港南幸の会 綿布330kg 真心込め 南部病院に寄贈

ボランティア活動の幅も広い港南幸の会
ボランティア活動の幅も広い港南幸の会

 ボランティアグループ「港南幸の会」(間瀬定子代表)は12月7日、済生会横浜市南部病院(今田敏夫院長)に綿布330kgを寄贈した。

 幸の会は公明党女性局のメンバーが中心となって1985年9月に結成。42人の会員が、地域住民と一緒に様々なボランティア活動を続けている。

 寄贈された綿布は家庭で使い古したタオルやシーツを30cm×30cmの大きさにカットし、4ツ折にしたもの。患者が便などで身体を汚してしまった場合に使用するほか、機材を拭くなど多用途に使用されている。

 幸の会は綿布の寄贈を20年以上にわたって継続。会員以外にも寄付によって集められているのが特徴で、今年は総勢266人が活動に参加した。

 南部病院は「定期的に頂き、ありがたい」と感謝を示し、間瀬代表は「会員が真心を込め、時間を見つけて作ってきた。使ってほしい」と話していた。

 贈呈式には高橋稔県議会議員と安西英俊市会議員も参加。高橋議員は幸の会の活動にふれ、「20年以上にわたる貢献活動に敬意を表します」と話していた。
 

間瀬代表(右)が手渡し
間瀬代表(右)が手渡し

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク