港南区・栄区版 掲載号:2012年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

2月1日に開所する芹が谷地域ケアプラザ所長に就任した 養安(ようあん)理恵さん 泉区在住 55歳

主婦から福祉の道へ20年

 ○…「地域の意見を取り入れ、地域の特性を生かした施設に成長していきたい」。2月1日に開所する芹が谷地域ケアプラザの所長に就任。開所前だが近隣住民へのあいさつ周り、施設見学の受け入れなど地域交流をすでに始めている。

 ○…実は元々福祉に興味があったわけではない。3人の子どもの子育てがひと段落したのを機に、パートで働くことを考えていたころ、地域の回覧板でたまたま高齢者施設の事務の募集を発見。「引っ越してきた家のローン返済の足しになればと思って。どんな仕事でも良かった」。何の気なしに足を踏み入れた福祉の世界。ミーティングでは耳慣れない専門用語が飛び交い、はじめのうちは周囲に質問していたが、次第に「分からないことがあるのは悔しいから」と独学で勉強を開始。そしてヘルパー2級を皮切りに、介護福祉士や社会福祉士など次々と資格を取得。「勉強しているうちに自然とあとからついてきた」と何でもないように笑いながら、約20年の福祉人生を振り返る。

 ○…介助を通じて「高齢者も友人と喧嘩したり恋愛したり、私たちと何も変わらない」と気が付いた。無意識に抱いていた高齢者への先入観がなくなり、これをきっかけに福祉へ興味を持った。排泄の介助から最期を看取るまでを経験し、ショックを受けることもあったが嫌だと思うことはなかったという。「幼児も大人も高齢者もどんな人でも、人間は言葉が無くてもコミュニケーションを通じて理解しあえる」と実感。「福祉の魅力は人と接すること。私は人と接するのが好きなんだと思う」と人懐こい笑顔ではにかむ。

 ○…ケアプラザの果たす役割は「地域住民同士の顔の見えるつながりづくりを手伝うこと」だと考えている。「いろいろな世代の人が、ここに来れば誰かに会える、何かができる場所にしたい」。ケアプラザを舞台にした人と人とのつながりづくりに意欲を燃やす。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク