港南区・栄区版 掲載号:2012年2月16日号
  • googleplus
  • LINE

小学生が描くエコな家 根本建設 金沢区で作品展

社会

個性あふれる作品が並ぶ
個性あふれる作品が並ぶ

 芹が谷の根本建設(根本雄一代表取締役)は2月10日から、金沢区の県営住宅建設現場で「地球にやさしいまちづくり・いえづくり作品展」を行っている。

 この作品展は、地域密着を掲げる同社が、建設現場に親しみを持ってもらおうと企画。地元金沢区の瀬ヶ崎小学校と関東学院六浦小学校の協力を得て、小学生が「人にも環境にも優しい家やまち」を描いた作品138点が集まった。

 作品は、樹木や葉でつくった家「リーフハウス」や、風力発電ですべてをまかなう家、全体が緑で覆われた家など、個性あふれる力作ぞろい。3月11日まで現場の囲いに展示され、道行く人の目を楽しませている。

 10日に行われたオープニングセレモニーには、関係者や地域住民らが参加。同社の根本社長は、「『地域の人と何かやりたい』という現場からの声で企画した。子どもたちの自由なアイデアが集まりました」と笑顔で語った。

 あいさつに立った瀬ヶ崎小の山田忠次校長は「子どもらしい作品ばかり。こうした機会はめったにないのでありがたい」と話した。関東学院六浦小の島田正敏校長も「絵が好きな子が発表する場ができてうれしい。絵を見た子どもや地域の人がやさしい心になってくれれば」と、期待をこめた。式典の最後にはテープカットが行われ、作品展のスタートに花を添えた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク