港南区・栄区版 掲載号:2012年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

5周年を迎えるお菓子教室&食育コミュニティ「横浜ミサリングファクトリー」オーナー 松本 美佐さん 野庭町在住 47歳

食を介し学び、繋がる

 ○…「うちはスパルタお菓子教室。生徒を子ども扱いしない」。子どもへの食育を考えたお菓子教室であり、地域のコミュニティでもあるミサリングファクトリーを丸山台に開店して5月で5周年を迎える。

 〇…「お菓子星人」と自称するほど子どものころからお菓子作りが大好き。学生時代に目指した進路はもちろん食品関係で、前職は食品の商品開発者。しかし、コストを優先せざるを得ない仕事に限界を感じ、退職。その後「人と向き合う仕事がしたい」と、野庭地区センターで子ども向けお菓子教室を始めた。しかし、生徒数の増加に対して運営は厳しい。子どもへの指導を続け、運営するために大人を含めて「お菓子を通じて皆が集まる場所」として、コミュニティビジネス化を決意。自らも技術向上のためにフランス菓子教室「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」で製菓技術を学び直した。今ではそこで得た「一生モノの技術」を生徒たちに教え続けている。

 〇…5月6日に行う5周年感謝祭では高校生の生徒が1日喫茶店を行い、商品の価格設定、製作から接客まですべてを手掛ける。これも「食に絡めて子どもの人間力を高めていけたら」という考えから。「既製品が溢れる現代では手作りそのものに価値がある」。それは調理する思考力や洗い物を通じた環境への意識、誰かに食べてもらう喜び、達成感など、買って食べるだけでは得難いものばかり。教室の役割は「単なる習い事ではない」。食を介して帰属できる、1つの居場所として地域に根差している。

 〇…今の目標の1つは「女性の就労支援」。自身もシングルマザーを経験し、女性の貧困率の高さは気にかかっていた。これまでにお菓子教室開業を考える女性向けのセミナーなども実施。教室開設当初は思いもよらなかった目標だが「出会いの中で少しずつ変わってきている」と話し、新たな広がりを見せる教室で、お菓子星人は前進し続ける。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク