港南区・栄区版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

定員6人の住宅型有料老人ホーム 家族と同じ介護を 入居時負担金30万円 月額生活費15万円

手づくりの食事に利用者の箸も進む
手づくりの食事に利用者の箸も進む

 「家族による在宅介護と同じサービスを」。市営地下鉄「弘明寺駅」から歩いて12分ほどの一軒家を改築し、手づくりの介護を行う住宅型有料老人ホーム「やな助」。定員6人という少人数制で、家族と同じように暮らし、介護をする施設だ。

 ここでは画一的なサービスはなく、利用者が「今日、お寿司が食べたい」と希望すれば、できる限り希望に応える。高齢者だからこそ、食べる喜びを感じてほしいという願いからだ。そんな”わがまま”も受け入れ、ゆっくりと会話をし、様々な行事を楽しみながら、最後の看取りまで一緒に過ごす。大手施設のような設備はなくとも、運営する尾登(おと)一正、純子さん夫婦の理想が詰まった温かな介護が特徴だ。

 現在、多少の受け入れが可能。入居対象となるのは要介護認定を受けている人。費用は入居時負担金30万円と月額生活費15万円。その他、介護保険1割負担と個人の消耗品代のみ。詳細は問い合わせを。

■やな助 (住)南区大岡1の37の8 【電話】045・517・4757 見学随時受付
 

住宅型老人ホーム やな助

横浜市南区大岡1‐37‐8

TEL:045-517-4757
FAX:045512-4179

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6件

「巨大地震」に備える外から施工のウッドピタ

「3月が一番売りやすいってホント?」

不動産の常識?非常識?

「3月が一番売りやすいってホント?」

2月15日号

元気の出る法律相談(90)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(90)

2月15日号

脳梗塞後遺症を改善

健康保険適用訪問リハビリマッサージ

脳梗塞後遺症を改善

2月15日号

「すべては難聴に悩む人のため」

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

本紙記者も必要性を痛感

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

2月8日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク