港南区・栄区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

28日、29日 「子どもの命を守りたい」 赤レンガ倉庫でイベント

 24時間年中無休で子どもの急患を受け入れ、テレビ朝日のドラマ『小児救命』のモデルにもなった戸塚区の「スマイルこどもクリニック」は開設12年目。独自に医師団を結成し、イラクの難民キャンプへ医療支援に行くなど、日本イラク医療支援ネットワークの構成団体としても国内外でさまざまな支援活動を行ってきた。

 8月28日(火)、29日(水)には、みなとみらいの赤レンガ倉庫1号館で「こどものいのちをまもりたいフェスタII」を開催する。参加無料。イベントプログラムは両日ともに午後1時からと午後6時から約2時間。小児救命講習やイラクの子どものスピーチや交流会、同国の小児病院の院内学級教師の講演、福島支援の報告会、ピアノ演奏など。さまざまなNPOのブースやチャリティショップも並ぶ。

 同院の加藤ユカリ医師は「さまざまな人がさまざまな立場で情熱を持ち、子どもの笑顔を守ろうと頑張っています。命の大切さに関心を持ってもらえる2日間にしたい」と語る。

 主催はスマイルこどもクリニック。後援は国連難民高等弁務官駐日事務所(UNHCR)。
 

スマイルこどもクリニック

神奈川県横浜市戸塚区品濃町556-8

TEL:045-820-6202
TEL:045-820-6601

http://www.smilechildren.jp

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6件

「巨大地震」に備える外から施工のウッドピタ

「3月が一番売りやすいってホント?」

不動産の常識?非常識?

「3月が一番売りやすいってホント?」

2月15日号

元気の出る法律相談(90)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(90)

2月15日号

脳梗塞後遺症を改善

健康保険適用訪問リハビリマッサージ

脳梗塞後遺症を改善

2月15日号

「すべては難聴に悩む人のため」

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

本紙記者も必要性を痛感

離れて暮らす両親へ「新しい住み方」の新提案

2月8日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク