港南区・栄区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

独スポーツ少年団員が来浜 野外炊飯や乗馬を体験

文化

横浜市馬術協会の協力で乗馬を体験
横浜市馬術協会の協力で乗馬を体験

 ドイツで地域に根差したスポーツクラブとして、約950万人の会員を誇る「ドイツ・スポーツユーゲント」のメンバーが、8月6日から8日まで横浜に滞在し、日本スポーツ少年団との交流を行った。

 これは(公財)日本体育協会が実施する日独スポーツ少年団同時交流の一環。国内最大の青少年スポーツ団体「日本スポーツ少年団」が「スポーツユーゲント」を手本として創設されたことなどをきっかけとして、1974年から実施されている。

 今回横浜を訪れたのはヘッセン州のユーゲントのメンバー11人。横浜滞在中は三ツ沢青少年野外活動センターに宿泊し、横浜のスポーツ少年団のメンバーとともに野外炊飯やキャンプファイヤー、スポーツチャンバラなどを体験した。

 また8月7日には三ツ沢公園内の馬術練習場で乗馬を体験。子どもたちは日独混合のチームに分かれて、障害物を回るレースに挑戦した。ドイツの子どもたちはほとんどが馬に乗るのは初めてというなか、乗馬クラブの子どもらから手ほどきを受けながらレースを楽しんでいた。

 グループリーダーのヤン・ポーチャーさんは「日本人がみんな親切に接してくれたことに感激した。今回知った日本の文化をドイツで紹介し、交流をもっと活発にしたい」と話した。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク