港南区・栄区版 掲載号:2012年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

長寿を祝う記念行事 港南区内で37人が対象

社会

花束を手にする笠原さん(中央)
花束を手にする笠原さん(中央)

 国は今年度に100歳を迎える人の長寿を祝うため、9月15日の老人の日に合わせて、内閣総理大臣からお祝い状と記念品を贈呈している。港南区内では今年度、37人が100歳を迎え、贈呈を受けた。

 9月18日には港南区港南6丁目在住で現在デイサービス「きよしさん家」に通う笠原春雄さんに対し、港南区役所職員からお祝い状と記念品が手渡された。利用者や職員に祝福され、笠原さんは「大変名誉なこと」と喜びを口にした。

今も元気に

 笠原さんは1913(大正2)年1月4日生まれ。昨年まで畑作業を行い大根やジャガイモを作っていたほか、自宅で採れる梅を使いジャムを作ることも。今は「きよしさん家」に週3回通い、仲間と談笑しゲームをすることが楽しみ。家では、野球や相撲などのスポーツ番組を好んで見る。また、70歳から始めた彫刻や水墨画はかなりの腕前で、作品の展示も行っている。健康で長生きする秘訣を「塩分、糖分、油分を控えること。でも、肉は大好き」と笑顔で話す。

 娘の尾形美智子さんは「よくこれだけ長生きしてくれた。好き嫌いもなく、たばこも酒もやらない。趣味を持ってマイペースに生きてきたのが良かったのでは」と話す。「きよしさん家」生活相談員の岩堀茂代さんも「施設としても非常に名誉だし、素晴らしいこと。ほかの利用者の励みになる」と嬉しそうに話していた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク