港南区・栄区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

災害時の協力求める 建設業協会に証明書交付

23社の代表で記念撮影
23社の代表で記念撮影
 横浜市は10月10日、(社)横浜建設業協会港南区会(佐々部宣宏会長)に所属している企業に対し、災害時における協力会社証明書を交付した。

 同協会は土木業者や建設業者の団体で、資機材などを保有していることから、地震や風水害などの災害時に、緊急巡回や応急措置を行うことを定めた協定を市と結んでいる。今回の証明書交付は、同協会に所属する各企業に対し、改めて災害時の協力を要請する意味合いがある。

 当日は港南土木事務所に23社の代表者が集まり、大貫一幸港南区長から1社ずつ証明書が手渡された。

 大貫区長は震度5強以上の地震の際は同協会が出動し、緊急輸送路を確認するなどの役割があることにふれながら「災害時に1番お力添えを頂くのは(協力会社の)皆様」とあいさつ。佐々部会長も「これからも行政、地域と協力をしていきたい」と応じた。また、佐々部会長は「協会は緊急時に出動するが、それは経営の安定がなければできない」と話し、市のサポートにも期待を示した。

佐々部会長
佐々部会長

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク