港南区・栄区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

ライブスチーム(ミニSL)制作に没頭し、地域のイベントに協力する 佐藤 義正さん 芹が谷在住 69歳

大人になっても卒業しない

 ○…「設計図を引くところから楽しい。出来上がってそれを眺めて楽しい。そして動かすのも楽しい」。鉄や銅板、真鍮からフルスクラッチで作るミニSL。本場イギリスでは「ライブスチーム」と呼ばれ、構造は石炭を燃やし、蒸気を動力とする本物の蒸気機関車とまったく同じ。人を乗せて動かすこともできる大きな模型に魅せられて40年。語る口調は軽やかだ。

 ○…磯子区で育つ。「モノを作り上げることが好きだった」と模型に夢中になると、中学生の頃には本牧の模型店に入り浸るように。高校卒業後、一般企業を経て神奈川県警に採用された後も、その情熱は衰えない。ほどなく配属された機動隊では装備や機材の開発改善に携わり、そこで学んだ溶接などの技術は、模型作りにも生かされた。だが、今まで電気や工学を専門的に学んだことはなく、試行錯誤をしては培ってきた技術が自慢。「失敗を恐れてはいけない」。そう語る姿は叩き上げの職人のようだ。

 ○…ミニSLの制作を知った近隣住民の紹介で、子どもたちを乗車させるイベントに協力するように。11月23日に下永谷小学校で行うこのイベントは今年で3回目。「子どもが感じる『楽しさ』とか『おどろき』は、子どもの可能性を広げる。社会が感動を与えられていない今、ミニSLでそういった気持ちを持ってもらえれば」。趣味をきっかけに薄かった地域との関わりは深まり、今では「子どもたちに蒸気機関の仕組みを教えたい」と意欲を燃やす。

 ○…時間を見つけては少しずつ作ってきたミニSLは計4台。膨大な手間と作業で、中には30年かかった作品も。しかし、「好きなものは好き。大人になったら卒業という空気が嫌い」ときっぱり。子どもの頃と同じく模型は今も宝物。自宅に作った工作室で、数百万かかったと笑う工作機械に囲まれ、作業するのが至福の時だ。今は5台目、6台目を制作中。その制作意欲は尽きることを知らない。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク