港南区・栄区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

永野幼稚園 子どもの教育担い50年 記念式を挙行

記念祝賀会であいさつする永田園長
記念祝賀会であいさつする永田園長

 永野幼稚園(永田万里子園長)は創立50周年を祝い、11月30日に園児対象の記念式、12月1日に関係者の記念祝賀会を挙行した。

 永野幼稚園は「恵まれた環境の中で豊かな体験を通して、円満な人格形成の基礎を培う」ことを方針に掲げ、1963年4月3日に開園。現在は379人の園児が通園している。

 同園は、教員をしていた永田嘉夫・万里子さん夫婦が、幼児教育の大切さを痛感して開園。前園長の嘉夫さんが2010年に逝去した後は万里子さんが園長となり、現在に至るまで幼児教育に携わっている。一方、園としては、環状2号線の建設により、園の一部を提供することになるなど必ずしも順風満帆とは言えなかった。現在の第2園舎となる代替地への一部移転には時間もかかるなど苦労もあった。しかし、11年度までの累計卒園児数は1万768人と多くの子どもたちが同園から巣立っていった。

 同園は山梨県北杜市に林間学校を自前で所有し、年長園児が豊かな自然の中で毎年宿泊体験をするほか、茶道を学ぶことが特色。茶道では「お先にどうぞ」の精神を基本とし、他人に思いやりの心を持って接し、物を丁寧に扱うことを学んでいる。

節目に式典

 30日に行われた園児対象の記念式には卒園生の瀬之間康浩市議のほか、田野井一雄市議や市立永野小学校の岡田克己校長も出席。園児は「お友達と仲良く遊びましょう」との呼び掛けに対して大きな声で返事をするなど、集まった来賓に元気な様子を見せていた。1日には、嘉夫前園長と親交があり、旧園舎と第2園舎を設計した小後摩重正さんが実行委員長を務め、関係者約70人を招いて記念祝賀会を実施。小後摩実行委員長は同園に対し、「幼稚園教育をリードしていく役割を担ってほしい」と期待の声を上げていた。

 万里子園長は「思いやりがあり、心の広い大人になってほしい。日本の文化を学び、国際社会に出ていけるような大きな人物になってほしい」と園児への思いを話し、「根本は変えずに、それでいて柔軟に教育をしていきたい」と今後の抱負を語っていた。
 

第1園舎で遊ぶ園児
第1園舎で遊ぶ園児

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

京急百貨店屋上にサッカー教室

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

一軒家が子育ての居場所に

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

「地元野菜のおいしさ知って」

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク