港南区・栄区版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

市庁舎整備 北仲通南移転案に絞る 市民意見募り決定へ

 横浜市は11月末に開かれた市議会「新市庁舎に関する調査特別委員会」に、これまで検討してきた3案の中から、北仲通南地区で新市庁舎を整備することを基本構想案として提示した。今後は、年明けに市民からの意見を募り、年度末に基本構想を策定する方針だ。

 JR関内駅前の現市庁舎は1959年の建物で、50年以上の使用で老朽化が進んでいる。またスペースも足りず、多くの部局が周辺の民間ビルなど20カ所に分散し、賃貸料だけで年間20億円の負担になっている。

 新庁舎の整備については、2012年度に特別委が設置されてから検討内容がより具体化し、これまでに3案(4パターン)の整備案が比較検討されてきた。当初は新高島整備案なども出ていたが、最終的に残ったのが【1】北仲通南地区へ移転、【2】現在地で整備、【3】両地区で分庁の3案。11月30日の特別委で事務局側から【1】案を最適とする見解が示され、一部で慎重な意見が出たものの、概ね賛成で方向性が定まったという。

 この案は、2008年に取得した北仲通南地区・みなとみらい線馬車道駅に直結する土地に、地上140m31階建ての高層ビルを建て、一体型の市庁舎として整備する計画。予算規模は約603億円で、余剰床も確保でき、将来的な拡大にも対応可能に。入居開始までの事業期間は8年としている。

跡地利用等に課題

 現庁舎が液状化の「可能性がある」地域であるのに対し、北仲通南地区は「危険がある」とされている地域。災害時には司令塔となる新庁舎だけに危険を指摘する声も多い。市が行ったボーリング調査では、砂質土の分布が5m程度確認できるというが、庁舎地下躯体の建設に伴う掘削・埋め戻しの際に対策することで、液状化の懸念を解消できるとの調査結果が出ている。

 今後は市民の意見を聞き来春には基本構想を策定。その1年後には基本計画とする方針だ。市総務局総務部管理課では「いずれの案になるにしても、跡地の利用をしっかり考えていきたい」としているが、現庁舎とその周辺には約6千人の職員が勤務していることから、関内駅周辺の飲食店などの影響を懸念する声もあがっている。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

京急百貨店屋上にサッカー教室

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

一軒家が子育ての居場所に

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

「地元野菜のおいしさ知って」

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク