港南区・栄区版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

衆院選2区 菅氏圧勝、大差で6選 民主・三村氏、議席失う

政治

当選翌日の17日朝、上大岡駅前で報告を行った菅氏(左)
当選翌日の17日朝、上大岡駅前で報告を行った菅氏(左)

 衆議院議員選挙の投開票が12月16日に行われた。自民党が単独過半数を獲得する大勝の中、前職、新人の3人が争った神奈川2区(西・南・港南区)では、自民党の前職・菅義偉氏(64)が民主党の前職・三村和也氏(37)、共産党の新人・児玉俊明氏(50)を大差で下し、6度目の当選を決めた。三村氏は比例復活もならず、議席を失った。

 民主党が政権交代を遂げた2009年の衆院選でも小選挙区の議席を守った菅氏。前回は三村氏に548票差まで迫られる接戦だったが、今回はダブルスコアに近い圧勝だった。

 選挙戦では、円高やデフレからの脱却など、経済面での対策を強調した菅氏。安倍内閣時代に総務相を務めた経験も踏まえ、道州制の導入など、地方分権の推進も訴えていた。

 党幹事長代行として解散直後からテレビ出演が増えていた。選挙期間中は全国の候補者応援に走り、日中、2区内で活動できたのは12日間のうち、3日間だけだったという。

地元留守も盤石

 菅氏は自らの当選を東京の党本部で知った。南区の選挙事務所では家族や支持者らが当選を祝った。当選から一夜明けた17日、午前7時前から上大岡駅前で報告を行い、本紙の取材に「全国、どこを回っても景気対策が重要だと感じた。あらゆる政策を総動員したい」と話した。県連会長として県内の小選挙区立候補者が比例復活と合わせ、全員当選したことには「(前回の選挙以降)3年3カ月間、地に這いつくばるような活動が実り、責任を果たせた」と安堵の表情を見せた。

 2区では00年以降、5回連続で菅氏に民主、共産の候補が挑む争いとなった。今回、菅氏の得票率は57・93%で05年の58・40%に次ぐものだった。

民主、逆風に沈む

 前回から大きく票を減らした三村氏は、比例での復活当選もならなかった。

 選挙期間中は自転車を使って移動し、若さを前面に出す選挙戦を展開したが、党に対する逆風をはね返せなかった。

 三村氏は開票後、南区の事務所であいさつ。「力不足、努力不足だった」と支持者に頭を下げ、「次の選挙からは一生負けません」と巻き返しを誓った。

共産は票増やす

 共産党の児玉氏は「原発ゼロ」などの政策を訴え、前回の同党候補より票を増やしたものの落選した。

 2区の投票率は59・24%で3年前の前回を9・06ポイント下回った。港南区は9・4ポイント減の61・98%だった。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

京急百貨店屋上にサッカー教室

部活休養日、週2以上へ

横浜市立中

部活休養日、週2以上へ

2月15日号

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月8日号

一軒家が子育ての居場所に

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月1日号

「地元野菜のおいしさ知って」

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク