港南区・栄区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

「脳卒中予防には禁煙を」 公開講座で中山氏

150人以上が参加した
150人以上が参加した

 港南禁煙・分煙をすすめる会(中山脩郎代表)は1月19日、脳卒中をテーマにした公開講座を港南公会堂で開催した。

 当日は多数の聴衆が訪れる中、初めに横浜市立脳血管医療センターの山本正博氏が脳卒中の危険について講演。山本氏は、脳卒中の原因として高血圧を挙げ、血圧を140/90以下にする必要性を述べたほか、喫煙者は非喫煙者に比べ、脳梗塞が約2倍、くも膜下出血が約3倍発症することを説明。さらに高血圧と喫煙が重なると危険度が増大すると注意を促した。

 続いて、中山代表もタバコと脳卒中の関係について講演。中山代表は脳卒中の死亡リスクは禁煙後2年で低下し始め、5年で非喫煙者と同じレベルになることを説明し、大きな予防効果があるとした。加えて、受動喫煙によって周囲の人間が肺がんになるリスクが上昇することも説明し、早急な禁煙を呼びかけていた。
 

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク