港南区・栄区版 掲載号:2013年3月28日号
  • googleplus
  • LINE

がんワクチン 実用化へ センター内に拠点 検討

11月の新病棟オープンに向け、工事が進むがんセンター
11月の新病棟オープンに向け、工事が進むがんセンター
 がん治療の新たな選択肢として、医薬品実用化に向けた臨床試験が国内の各大学等で行われている「ワクチン療法」。神奈川県がんセンター=旭区中尾=内に「がんワクチンセンター」を新設しようと、県は検討、調整を進めている。

 患者の免疫力を高め、がん細胞の増殖を抑えるワクチン療法は、手術や放射線、抗がん剤に次ぐ「第4の療法」とされる。県立がんセンターでは、その1つ「がんペプチドワクチン療法(※)」実用化への法的承認に向けた治験実績を持つほか、専門知識を持つ医師や看護師、設備等の要素が揃っていることが、候補に挙がった主な理由だ。

 昨年4月には、ペプチドワクチン開発の中核を担った中村祐輔(ゆうすけ)シカゴ大教授が、がんセンター特別顧問に就任している。県医療課は「ワクチン療法は患者からの要望が多い。県内に新拠点ができれば患者の負担も減らせる」と期待する。

 今後、県はがんセンターを運営する県立病院機構や、ワクチン開発事業者との協議・調整、実用化への仕組みづくりなど手続きを進める予定。早ければ、2013年度内のセンター開設を目指したい方針だ。

(※)…がん細胞の目印になるペプチドを人工的に合成し注射することで、リンパ球の反応と増殖を促し、がん細胞を攻撃させる療法。

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク