港南区・栄区版 掲載号:2013年4月25日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 「食べ残し」削減に本腰 全市で協力店募り実践

 横浜市は昨年度に関内地区の飲食店や宿泊施設を中心に実施した「食べきり協力店」事業を今年度は全市で展開する。飲食店などが小盛りメニュー等の導入や持ち帰り希望者への対応などを行うことで、食べ残し等による生ごみの削減につなげることが狙い。利用者の「食」に対する意識の向上も期待される。

 「食べきり協力店」は小盛りメニュー等の導入、持ち帰り希望者への対応、食べ残しを減らすための呼びかけ、ポスターの掲示、その他食べ残しを減らすための工夫のうち、1つでも実践可能な飲食店や宿泊施設が市に登録の上、参加する。協力店は資源循環局のHP(ホームページ)で紹介するほか、ステッカー=写真=などを店内に貼り、利用者に協力店であることを示していく。

 同様の取り組みはすでに全国各地で行われており、福井県や千葉県など県単位で取り組んで成果をあげている地域も多い。

年間廃棄量3万t

 横浜市の食品廃棄物は、市が把握している2800カ所の大規模事業所だけでも年間約2万7千t。中小事業所を合わせると3万tを超えるとみられる。しかし、異物が混入しているなどの理由でリサイクルが進まないことや、チェーン展開する飲食店で処理コストがかさんでいることを受け、市は同取り組みの導入を決定。昨年6、7月に飲食店が多い関内地区で試験的に実施し、調査を行って、効果を検証してきた。

 実施後、登録店104店舗のうち、64店舗が回答したアンケートでは、約7割が「食品廃棄物が削減できた」と回答。すべての店舗が「今後も参加したい」と答えたことから、全市での展開を決めた。

 調査では、「飲食店のみの訴えかけでは限界を感じた。家庭や学校、職場などでの指導も必要」という声もあり、市では今後、社員食堂を持つ企業にも呼びかけていく方針。すでに市庁舎や区役所の食堂にはポスターを掲示している。

 協力店は今月から随時募集中。同局は「多くの店舗に参加してもらいたい」とし、各区の商店街や飲食店組合などに声掛けを行っていく。また、利用者側にも「店の呼びかけをきっかけに食べ残しはもったいないという意識をもってもらい、家庭料理の作りすぎを減らすことにもつながれば」と期待を寄せている。

 港南区内では4月12日現在で居酒屋かもん港南台駅前店・上大岡赤い風船ビル店、焼鳥じらい屋上大岡店が協力店として登録されている。登録・詳細は同局HP(http://www.city.yokoha

ma.lg.jp/shigen/)へ。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

高畠町で今夏公演へ

栄区劇団ぽかぽか

高畠町で今夏公演へ

7月26日号

友好都市と新たな交流模索

小菅ケ谷小が東日本大会へ

将棋文科大臣杯

小菅ケ谷小が東日本大会へ

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

将棋団体戦で東日本大会へ

南高附中

将棋団体戦で東日本大会へ

7月12日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク