港南区・栄区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

新会長インタビュー 「地道に啓発活動続ける」 薬物乱用防止の思い語る

協議会の会長を務める小原氏
協議会の会長を務める小原氏
 神奈川県薬物乱用防止指導員協議会の会長に4月19日付で港南支部の小原敏彦氏(75)が就任した。本紙は、小原新会長に薬物の乱用防止にかける思いを聞いた。

 薬物乱用防止指導員は県が任命し、県内37支部、471人が活動している。具体的には全国で行うキャンペーンに合わせて各地で街頭啓発活動を行うほか、学校等で薬物乱用防止教室を実施して覚せい剤や麻薬、脱法ハーブの害を訴えている。

 小原会長は「薬物の正しい知識を身に着けることは、薬物乱用の怖さを知ることになる」と話し、年齢を問わず、啓発活動に力を入れる方針を語る。

 一方、脱法ハーブなどが青少年の身近に存在していることに対し、「人体に害を及ぼすものは徹底して禁止しなければ」と語るなど危機感を露わにする。そういった状況の中で、区内では上永谷駅、上大岡駅、港南台駅で中学生と一緒に啓発キャンペーンを実施。中学生もキャンペーンを通して薬物の怖さを知る機会となっている。また、未成年のアルコールやタバコが将来の薬物乱用につながるケースも多いとして「きちんとだめだということを伝えていきたい」と説明する。

 小原氏は保護司としても活動しており、多くの保護観察対象者を担当してきた。その中には薬物乱用で逮捕された人も多かったという。「出所後、『薬物が目の前あったらどうするか』と尋ねると『やる』と答える人は多い」と話し、「それほどまでに依存性は強い。その怖さを伝えていきたい」と語る。今後は「不審なケシの花があるなど、情報があれば最寄りの警察署に通報をしてほしい。一般の方にもっと関心を持ってもらえたら」と話し、「地道な啓発活動を続けていきたい」と語っていた。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

地域と一緒に納涼会

8月4日

地域と一緒に納涼会

7月26日号

ボウリングで世代間交流

まもなく満開に

上大岡のひまわり畑

まもなく満開に

7月26日号

孫の似顔絵で詐欺防止

119人が連携確認

栄消防団

119人が連携確認

7月26日号

老若男女囲碁に夢中

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク