港南区・栄区版 掲載号:2013年8月1日号
  • googleplus
  • LINE

杉浦紀子バトンスタジオ 息の合った演技で世界へ 所属2選手が国際大会に

左から杉浦さん、平久井さん、仲澤さん
左から杉浦さん、平久井さん、仲澤さん
 港南区港南台の杉浦紀子バトンスタジオの仲澤友(ゆ)莉(り)菜(な)さん(栄区鍛冶ケ谷在住/湘南学院高1年)と平久井(ひらくい)愛由(あゆ)さん(金沢区富岡西在住/市立金沢高1年)の2人が、オランダ・アルメレで8月7日から11日に開催される第7回WBTFインターナショナルカップにバトントワリング日本代表として出場する。

 同カップは世界バトントワリング連合が競技バトンの普及を目的に2005年に新設した大会で、世界23カ国が参加。仲澤さんと平久井さんはアーティスティックペア・ジュニア部門に出場する。同部門は課題曲の中で正確なバトントワリング、身体表現などを100点満点で採点して競うもので、特にペアとして息の合った動きがポイントだ。

 2人は3歳のころから一緒にバトンを習い始め、2008年からペアを組んできた。現在も週に7日間練習しており、「何でも言い合える」(仲澤さん)、「信頼している」(平久井さん)関係だ。小学生時代から多くの大会で活躍してきたが、今年3月29日から31日まで大阪市で開催された全日本バトントワリング選手権大会で、最高得点を獲得。インターナショナルカップの日本代表選手に選ばれた。国際大会は今回が初めてということで、期待に胸をふくらませているが、仲澤さんは「選手権大会では細かなミスをしてしまったので、ミスをせず、悔いのないようにしたい」、平久井さんは「スタジオの先輩が世界で活躍してきているのを見てきた。憧れてきた舞台に立ててうれしい」と話し、日本代表として、またスタジオ代表として「1位を目指します」と力強く話していた。

 「礼に始まり、礼に終わる」を基本理念に、バトンの指導を続けている同スタジオ主宰者の杉浦紀子さんは「小さな時から指導をしてきたので、楽しみです」と期待を話していた。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

地域と一緒に納涼会

8月4日

地域と一緒に納涼会

7月26日号

ボウリングで世代間交流

まもなく満開に

上大岡のひまわり畑

まもなく満開に

7月26日号

孫の似顔絵で詐欺防止

119人が連携確認

栄消防団

119人が連携確認

7月26日号

老若男女囲碁に夢中

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク