港南区・栄区版 掲載号:2013年10月3日号
  • googleplus
  • LINE

設立50周年を迎えた芹が谷団地自治会の会長を務める 中野 茂男さん 芹が谷在住 68歳

50年の歴史、次世代へ

 ○…5日に、永谷地区センターで芹が谷ふれあいフェスティバルと50周年記念式典を開催する。50年前、当時最先端の街として造成された芹が谷団地。1つの節目を迎え、自治会の記録や足跡が書き込まれた歴史年表の展示も行う。「思い出を形として残していくようなきっかけづくりをやりたい。それを次世代に引き継いでいけたら」と真っ直ぐ前を見つめ話す。

 ○…高校生の時に引っ越してきて50年。当時は道路も舗装されておらず、雨が降れば道はぬかるみ、会社員は長靴を履いて出社していたという。定年を間近にして「生まれ育った地域でもっと活動がしたい」と考え始めた。そして迎えた定年後、知り合いに合唱サークルに誘われ、シルバークラブに入ったことが地域で活動するきっかけに。「全然意識しないところで、自然に地域とつながった」と笑顔を見せる。

 ○…現役時代は大手自動車メーカーに勤務し、長らく研究開発に当たっていた。その経験もあり、パソコンは得意。頼まれて地域でパソコン教室を開いたこともあるという。また毎日、朝6時から1時間のウォーキングも欠かさない。「健康のためというか、単純に歩きたい」と若々しく、全く年齢を感じさせない。

 ○…芹が谷団地自治会は高齢化問題に直面している。65歳以上の住民が約40パーセント、80歳以上が約20パーセントにも及ぶ。しかし、「問題が明確だから、逆にやりやすい。現実的な問題に対応しなければいけない」と意に介さない。4年前の会長就任以来、「顔の見える関係づくり」を目指して高齢者の集まる「サロン芹が谷」を設立、自治会のバス旅行も復活させた。また、平日は1日2回防犯パトロールを行っている。さらに、今後はお祭りなどを通じ、子ども会との連携を深めていきたいという。「次の世代にどうバトンタッチするか」。半世紀を過ごしてきた故郷への想いが原動力だ。

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

渡辺 元美(もとみ)さん

横浜高校野球部の渡辺元智前監督の次女で6月に寮母生活を振り返る本を出版した

渡辺 元美(もとみ)さん

7月26日号

永野 正之さん

横浜市建築士事務所協会の港南支部長として支部の事務を担う

永野 正之さん

7月19日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

7月12日号

久保 浩一さん

円海山域の昆虫調査を40年近く続け、31日に港南台地域ケアプラザで講座を開く

久保 浩一さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

矢原 由布子さん

小児がんをテーマに出版された絵本「しろさんのレモネードやさん」でイラストを担当した

矢原 由布子さん

6月21日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク