港南区・栄区版 掲載号:2014年1月9日号
  • googleplus
  • LINE

新春インタビュー 健康寿命日本一めざす 黒岩知事、抱負語る

インタビューに答える黒岩知事
インタビューに答える黒岩知事
 新年の幕開けにあたり、本紙では黒岩祐治神奈川県知事に単独インタビューを行った。知事は、「いのち全開宣言」に基づく施策や東京五輪に向けての基本姿勢など、2014年度の取り組みに対する意欲を語った(聞き手/熊坂淳・露木敏博)。

 ――まずは2013年の振り返りをお願いします。

 「昨年は『ヘルスケア・ニューフロンティア』という構想を掲げて突き進んできました。そして、そのうねりを実感できた年でした。2月には『さがみロボット産業特区』の指定を国から得、それ以前から取り組んでいた『京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区』と連動させ、最先端の医療・介護を追求する体制ができました。それとともに、 ”未病を治す”という考え方の普及に注力してきました。超高齢社会を『最先端の医療・最新技術の追求』と『未病を治す』という2つのアプローチの融合で乗り切る”神奈川モデル”を、米国をはじめ世界でアピールできたこと、これが昨年一年の中で最大の成果だったと思っています」

 ――知事も踊る動画『恋するフォーチュンクッキー神奈川県Ver.』が大評判です。

 「私もびっくりです。やるなら神奈川独自のバージョンでと、県内78カ所の観光地・観光施設を紹介する形になりました」

 ――14年度の重点施策をお聞かせ下さい。

 「昨年『いのち全開』『電子化全開』『潜在力全開』の3つの全開宣言を行いましたが、今年はこれをさらに深めたいと考えています。『いのち全開宣言』は今申し上げたヘルスケア・ニューフロンティアの取り組みです。より具体化させ、県民運動として健康寿命日本一をめざします。『電子化全開宣言』は、庁内業務の電子化をダイナミックに進め、大胆な経費節減に取り組むというものです。お薬手帳の電子化も、一層広めていきます。それと『潜在力全開宣言』です。県内に眠る潜在力や可能性をもっと発掘・探っていきたいですね。それと、横浜、箱根、鎌倉に次ぐ『第4の観光の核づくり』です。これまでに城ケ島・三崎や大山、そして大磯の3地域の提案を認定しましたが、どこが本当の第4の観光の核になっていくのか、今年は勝負の年です。地元の本気度を見極め『ここだ』というところを全力で支援していきます」

 ――2020年の東京五輪開催決定を受け、推進本部を設置しました。

 「五輪開催に際し明らかなことは『全世界から多くのお客さんとメディアがやってくる』ということです。事前キャンプの誘致といった五輪本体に関わることはもちろんですが、あらゆる施策について2020年を当面のゴールとして物事を考えるよう、全局に指示しています。エネルギー政策で言えば『福島第一原発の事故を受け、カナガワでは電力・エネルギー革命がこんなに進んでいる―』。そんなレポートを世界に向け発信してもらいたいですね」

 ――県民の皆さんへ、新春のメッセージを。

 「神奈川に住んでよかったと皆さんに改めて思っていただける、そんな年にしていきたいと思います。そういう芽は出てきていますので、それを大切に育てていきたいと思います」

暑中お見舞い申し上げます

株式会社カナオリ 「かなっぺ」

とことん地元再発見!ちょっぴり参加型ウェブマガジン

https://kanape-yokohama.com/

横浜南青色申告会

個人で事業を営んでいる方、不動産を貸し付けている方に入会をお勧めいたします

http://yoko373aoiro.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

7月26日号

高畠町で今夏公演へ

栄区劇団ぽかぽか

高畠町で今夏公演へ

7月26日号

友好都市と新たな交流模索

小菅ケ谷小が東日本大会へ

将棋文科大臣杯

小菅ケ谷小が東日本大会へ

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

将棋団体戦で東日本大会へ

南高附中

将棋団体戦で東日本大会へ

7月12日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク