港南区・栄区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

故郷への思い 地域が応援 日野地区が復興支援

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena
贈られたお酒を持つ大友会長
贈られたお酒を持つ大友会長

 1月に行われた日野連合町内会の賀詞交歓会で、東日本大震災で被害を受けた宮城県の酒蔵が製造した本格焼酎「浦霞・希望の夜明け」が振る舞われた。

◇   ◇

 宮城県南部の太平洋沿岸にある亘理(わたり)町。2011年3月11日、津波によって壊滅的な被害を受けた町だ。日野町内会の大友忠造会長はこの亘理町の出身。大友会長は生まれ育った町の惨状に、3カ月ごとの訪問など支援活動に奔走していた。

 そんな折、体育館の一部を残して跡形もなく流された荒浜中学校の復旧工事が始まる。「新校舎は復興のシンボル」。そうした声を聞いた大友会長は、日野連合町内会と日野地区社会福祉協議会に協力を依頼。両団体が主催するチャリティーバザーの売り上げの一部と地元有志の寄付を合わせ、計15万円を同中の建設費として寄付した。新校舎の完成は今年8月。大友会長は「新校舎で子どもの元気な声を聞くのが楽しみ」と待ちきれない様子だ。

 賀詞交歓会で振る舞われたお酒は同中関係者からお礼と共に贈られたもの。日本酒「浦霞」で名高い酒蔵が、被災したもろみを原料として製造した焼酎だ。賀詞交歓会の会場で大友会長は出席者に対し、協力の感謝と現地の状況を説明。被害を風化させてはならないという強い決意とともに、美味いお酒を味わっていた。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

五輪へ動画で盛り上げ

五輪へ動画で盛り上げ スポーツ

中澤佑二さんら出演

11月19日号

全館、動物で賑わい

京急百貨店

全館、動物で賑わい 文化

きょうからXマス企画

11月19日号

イチョウ色づき始める

イチョウ色づき始める 社会

富士山と共演も

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月19日号

ウェブで写真展

横浜市

ウェブで写真展 文化

姉妹都市街並み

11月19日号

世界の消防用具ずらり

栄消防署

世界の消防用具ずらり 社会

秋の火災予防運動で

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク