港南区・栄区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

新型インフルに備え 南部病院で外来訓練

社会

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena
防護服を着用して患者と接する医師(右)
防護服を着用して患者と接する医師(右)

 海外で新型インフルエンザが発生した場合を想定した訓練が2月1日、済生会横浜市南部病院(今田敏夫院長)で行われた。

 海外で新型インフルエンザが発生した場合、同院では感染の拡大を防止するため、横浜市からの要請に基づいて「帰国者・接触者外来」を設置することとなっている。今回の訓練は、発生国からの帰国者やその接触者のうち、発熱、呼吸器症状などがある人を対象とする外来診療をシミュレーションするもの。当日は横浜市健康福祉局や各区福祉保健課の職員のほか、市内の病院の医師や看護師が見守る中、病院敷地内に設けられたテントや仮設外来(プレハブ)で訓練が行われた。

訓練で課題も

 実際に仮設外来を使っての訓練は市内でも初の試み。医師や看護師は、防護服やゴーグルのほか、手袋を2重に着けるなど感染を防ぐ装備で臨んだ。訓練は成人患者と小児患者の各ケースで、受付から診察、会計までの流れを確認した。

 訓練を終えると、参加した医師は「防護服は暑く、息苦しく、視界も狭いので、1人で長時間担当するのは厳しい」、また看護師は「あの防護服を見たら、子どもは泣き出すかも。意識的に優しく声がけをすることも大事」と感想を話していた。

 今田院長は「患者の数が多くなれば、院内での情報伝達なども混乱するおそれがある。チーム作りも視野に入れ、今後も体制を整えていきたい」と話していた。

病院敷地内に設置された仮設外来
病院敷地内に設置された仮設外来

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

個性豊かな書作品一堂に

個性豊かな書作品一堂に 文化

栄区書道展

10月29日号

緒形拳さんの活躍一堂に

横浜市歴史博物館

緒形拳さんの活躍一堂に 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月29日号

詐欺被害阻止で感謝状

栄警察

詐欺被害阻止で感謝状 社会

郵便局とコンビニに

10月29日号

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月29日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月29日号

世界の消防グッズを展示

栄消防署

世界の消防グッズを展示 文化

あーすぷらざで11月14〜15日

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク