港南区・栄区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

JAXA(ジャクサ)で宇宙と交信 永谷小児童3人が参加

教育

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena
宇宙飛行士の古川さん(右から2人目)との記念撮影も(右からダウンズ君、和泉君、原田君、猿渡教諭)
宇宙飛行士の古川さん(右から2人目)との記念撮影も(右からダウンズ君、和泉君、原田君、猿渡教諭)

 市立永谷小学校(丸山邦子校長)の児童3人が1月21日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)筑波宇宙センター(茨城県)で行われた国際宇宙ステーション(ISS)とのライブ交信イベントに参加した。同イベントには全国の小学校から約40人が集まり、同小からは5年生のダウンズ・ケネス君、和泉佳怜(かれん)君、原田悠君と猿渡智衛教諭が参加した。

 これは8歳から12歳を対象に世界各国の宇宙局が取り組むプログラム「Mission X」の一環として行われたもので、宇宙飛行士の健康管理を題材に、食事や運動の大切さを学んでもらうのがねらい。永谷小では今年度、5年生が保健体育の授業で、身体のつくりなどを学ぶのに併せて「宇宙ではどうなるか」「丈夫にするにはどんな食事が必要か」などを学んでいる。猿渡教諭は「宇宙飛行士のように丈夫な体をつくろうというのが1つのテーマ」と話す。

古川さんと交流も

 今回のイベントには、同小の参加希望児童96人から抽選で選ばれた3人が参加。ダウンズ君は「小さいころからテレビで宇宙の番組をよく見ていて、どのくらい広いんだろうと興味をもった」と申し込んだ理由を話した。

 当日筑波宇宙センターでは、展示されているロケットや人工衛星などを見学。また横浜市出身の宇宙飛行士、古川聡さんの講演で宇宙での身体の変化についての話を聞いた後、国際宇宙ステーションに滞在中の若田光一宇宙飛行士と交信した。同小の児童は、若田さんと直接話す機会こそなかったが、宇宙とのリアルタイムでの交信を目の当たりにした。

 原田君は「古川さんはとても優しく、握手した手が温かかったのが印象的だった」、和泉君は「宇宙でバック転をして、地上との感覚の違いを体験してみたくなった」と振り返った。

 丸山校長は「理科離れが進む中、興味をもってもらうきっかけになれば。この体験を大切に、宇宙飛行士に限らず夢を見つけてもらいたい」と期待を込めた。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 経済

10月22日号

28日に「がやがやハロウィン」

28日に「がやがやハロウィン」 文化

小学生以下にお菓子

10月22日号

ゆずが母校・岡中でライブ

ゆずが母校・岡中でライブ 文化

「青春と思い出がつまった場所」

10月22日号

「心が疲れていませんか」

港南図書館

「心が疲れていませんか」 文化

2階展示コーナーで企画

10月22日号

「好きこそものの上手なれ」

港南区

「好きこそものの上手なれ」 文化

動物画家テーマに講演会

10月22日号

若手実力派のヴァイオリンを

リリス

若手実力派のヴァイオリンを 文化

11月17日 午後2時開演

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク