港南区・栄区版 掲載号:2014年3月13日号 エリアトップへ

GSが水道局に協力 災害時の燃料確保が目的

社会

掲載号:2014年3月13日号

  • LINE
  • hatena
店頭表示用ステッカー
店頭表示用ステッカー

 横浜市水道局では、災害時に浄水場等の関連施設や給水車の燃料を確保するため、ガソリンスタンド(GS)を運営する事業者に「横浜水道安全・安心パートナー(燃料供給)」の登録を呼びかけている。

 2013年4月から協力を呼びかけているもので、現在35事業者、80のGSが登録している。港南区内では、3カ所のGSが登録を済ませている。水道局によると、東日本大震災発生時に水道局の車両や浄水場等の設備を動かすための燃料確保が困難となったため、これを教訓に災害時にも市民へ水を供給し続けるための対策として、各GSに協力を仰いでいるという。

 パートナー登録は、必ず規定の量を提供するというような協定とは違い、各GSが可能な範囲で協力するというもの。状況に合わせ「提供できない」という選択もできる。「少しでも多く協力いただくために、できる範囲でという形にしている」と同局担当者は話す。

 登録しているGSの店頭には「横浜市水道局災害協力店」という青いステッカーを表示。また、同局の車両にはステッカーに加え「災害緊急車」という表示を掲出し、緊急時であることが市民に分かりやすいようにする予定だ。

 同局ではほかにも、名古屋市、新潟市と「燃料相互応援の覚書」を締結するなど、災害時に備えた対策を順次進めている。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

季節の植物を楽しんで

栄区

季節の植物を楽しんで 文化

あすからオープンガーデン

5月13日号

手作りバラ園、満開

日野中央公園

手作りバラ園、満開 文化

5月13日号

「馬と五輪」の特別展

「馬と五輪」の特別展 スポーツ

根岸・馬の博物館で

5月13日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月13日号

地元の風景「ウェブ会議に」

港南区

地元の風景「ウェブ会議に」 社会

バーチャル背景を配布

5月13日号

23年夏に営業再開へ

本牧市民プール

23年夏に営業再開へ 社会

馬淵建設などが再整備

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter