港南区・栄区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

高島屋港南台店 「上質な普段使いの店に」 清水新店長インタビュー

経済

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
本紙インタビューに応える清水新店長
本紙インタビューに応える清水新店長

 昨年30周年を迎えた高島屋港南台店。2月1日付で新店長に就任した清水朗寛(あきひろ)さんに、同店の今後の展開などについて話を聞いた。

――店長を務めるのは初めてと伺いました。

 「近年は本社勤務が長かったのですが、やはり店舗ではお客様と直接ふれあう機会が多いのでやりがいを感じますね。また10年ほど前までは横浜店で食料品部門を担当していたので、横浜のお店に『帰ってきた』という感じが強いです」

――どんな店にしていきたいですか。

 「街にはさまざまなお店がある中、百貨店には百貨店の役割というものがあります。それは地域のお客様に寄り添って、『上質な普段使いの店』にしていくことだと思います。上質な品を用意することはもちろん、特別な機会に足を運ぶような場所ではなく、日常的に立ち寄って時を過ごしてもらえるようなお店にしていきたいです」

――港南台店ならではの工夫や特徴はありますか。

「港南台は約30年ほど前から発展してきた街で、そのころから住まれている高齢のお客様が多いのかなと感じています。食料品に関していえば、『美味しいものを少しだけ食べたい』という声が多くありますので、小分けした惣菜などを充実させ、上質なものを食べやすい形で提供していきます。また、百貨店として『対面接客』は大事にしていますが、港南台店には地元在住の従業員も多く働いています。お店や従業員を身近に感じながら買い物を楽しんでもらいたいですね」

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

Xマス・お正月用品説明会

Xマス・お正月用品説明会 経済

福祉クラブ生協

10月14日号

2区は3氏、4区は5氏か

衆院選

2区は3氏、4区は5氏か 政治

31日に投開票

10月14日号

区民の美術作品ずらり

港南区

区民の美術作品ずらり 文化

ひまわりの郷で29日から

10月14日号

赤い羽根共同募金に協力

桜岡小児童ら

赤い羽根共同募金に協力 教育

10月14日号

「とちのき祭」今年も開催

横浜医療福祉センター港南

「とちのき祭」今年も開催 文化

「来年は地域の方も」

10月14日号

にこりんくに「寝冷えネコ」

栄区

にこりんくに「寝冷えネコ」 文化

鶏卵生産大手が絵本寄贈

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook