港南区・栄区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

港南警察署長に新しく就任した 小玉 悟さん 港南在住 59歳

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena

「ありがとう」の心 胸に

 ○…3月19日付で就任した。市内在住ということもあり、身近だった港南区だが「悪天候でも、早朝から地域住民が小学生の交通整理を多くの場所でしている。すばらしい街」という印象を受けた。自身も区内の官舎に住むため、温かさを実感することがしばしば。「ごみの分別も地域の”先輩”が見守りながら、教えてくれる。新しい人が来ても、自然と入っていける感じ」

 〇…出身地の山形県から海に憧れ、18歳で神奈川県へ。これまで県警本部の交通部や警察学校、交通機動隊、川崎市、警察庁(東京都)の交通局、山手警察署長など広範囲でさまざまな役職を担い、経験を積んできた。中でも”交通畑”は20年以上歩んできた。42年間の警察官生活の中で忘れられない経験が2つある。1つ目の「成田闘争」では、自身がいる部隊が反対派に攻撃された。「初めて命の危険を感じた」出来事だ。2つ目は、麻生区(川崎市)での交通課長時代、指揮を執った暴走族同士の抗争事件だ。逮捕者は約40人に上り、解決するまで3カ月間自宅に帰れなかったが、「地域住民が喜んでくれたのが、一番うれしかった」とやりがいも大きく感じたという。

 〇…「いけいけ、どんどんな性格」と自己分析。仕事では「悩んでないで動け」と行動第一で職責を果たしてきた。立ち止まらずにこれまで働いてきたが「署長職も2度目だし、これからは振り返ることも必要」と心境に変化も。とりわけ「癒しの存在」という昨年秋に生まれたばかりの初孫の話題に触れると、厳しい表情が一転して目を細める。

 〇…夢は県民から信頼され、親しまれるような若い警察官を育てることだ。署員には「あいさつ」とモットーである「ありがとうの心」を必ず持つように指導している。「仕事は辛いものだからこそ、明るい職場に。そして地域の視点で積極的に活動していきたい。署長室のドアはいつでも開けておく」。ぶれない厳しさと明るさで、新天地に臨む。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

長栄 博敏さん

こうなん文化交流協会・美術部会の会長として港南ART展を開く

長栄 博敏さん

港南台在住 83歳

10月14日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

10月7日号

大堀 通彦さん

本郷台駅前アーケード商店街協同組合の理事長を務める

大堀 通彦さん

小菅ケ谷在住 50歳

9月23日号

前田 知洋さん

9月17日、18日にホテルニューグランドでショーを行うクロースアップ・マジシャン

前田 知洋さん

神奈川県内在住 55歳

9月16日号

森内 直美さん

紙芝居実演家として各地で読み聞かせを行い、このほど初の自費出版をした

森内 直美さん

栄区笠間在住 74歳

9月9日号

春木 磨碑露(まひろ)さん

栄区役所と連携協定を締結した(株)三春情報センターの代表取締役

春木 磨碑露(まひろ)さん

港南区日野在勤 43歳

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook