港南区・栄区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

2014年度の横浜観光親善大使に選ばれた 岩田 樹里さん 港南区在住 22歳

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena

個性生かした「恩返し」を

 ○…1分間の自己PRを求められた最終選考の舞台。披露したのは、6歳から続けている空手の「形」の演武だった。高校時代は全国大会にも出場したほどの実力派だが、しんと静まり返った会場に「雰囲気で、ああ、これはもう失敗だったなと思いました」と明るく本音を明かす。それゆえ、自分の番号を呼ばれたときは、「びっくりでしかなかった」。初めての応募で、横浜の「顔」に選ばれた。

 ○…東京都新宿区に生まれ、6歳で港南区に。幼いころから港南台駅周辺でよく遊び、中高生時代は「教室の窓を開けると、船の汽笛が聞こえてくることもあった」という、中区山手町のフェリス女学院で6年間を過ごした。自身が育った横浜は「”洗練されたアットホームな街”という感じ。落ち着くけど、都会的でもあるところが」。その魅力を多くの人に知ってもらいたいと強調する。「1度来てもらえれば、絶対に良さが分かるはず。だからまずは1度、足を運んでもらえるようなPRをしていきたい」

 ○…慶應義塾大学医学部の4年生。同学部の空手部では、紅一点ながら主将を務める一方、来年からは大学病院での研修も始まる。「これからどんどん医師の世界に入っていく。そう考えたら、挑戦できるのは今年しかないなって」。大使募集のポスターで印象的だったのは、「個性を生かしてみませんか?」のフレーズ。「横浜で始め、ずっと続けてきた空手では、多くの人との出会いに恵まれた。その恩返しを、何か形にしたくて」

 ○…将来の夢は、スポーツドクター。両脚の肉離れなど、自身も怪我に泣かされた時期があった。「練習したくてもできない、というストレスは、選手じゃないと分からない。精神的にも寄り添えるような医師になりたい」。東京五輪が行われる2020年は、医師として働き始めているころ。「東京に比べて、世界での横浜の知名度はまだまだ。近くにこんな素敵な街があるよと、発信していきたい」

港南区・栄区版の人物風土記最新6

宝井 琴星さん

11月14日に金沢区の長浜ホールで講談「野口英世伝」を読む

宝井 琴星さん

港南区在住 72歳

10月22日号

森 正夫さん

今年4月から港南消防団の団長を務め、団員279人を取りまとめる

森 正夫さん

下永谷在住 67歳

10月15日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区笠間在住 23歳

10月8日号

瀬戸 貴生さん

10月1日で開店24周年を迎えた京急百貨店の店長の

瀬戸 貴生さん

大和市在住 60歳

10月1日号

菅野 重和さん

9月3日付で港南警察署の署長に着任した

菅野 重和さん

港南警察署長 58歳

9月17日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク