港南区・栄区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

スカーフ親善大使が決定 港南区在住の2人も選出

文化

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena
選出された峯岸さん(左)と佐々木さん
選出された峯岸さん(左)と佐々木さん

 横浜スカーフの魅力を市内外にPRする「横浜スカーフ親善大使」の3代目がこのほど決定した。各年代の女性4人が選ばれ、港南区から佐々木春奈さん(30)、峯岸伊美(よしみ)さん(41)の2人が選出された。4人は1年間の任期中、イベントなどを通じて横浜スカーフの魅力を発信していく。

 横浜スカーフ親善大使は、横浜の伝統工芸である「横浜スカーフ」の認知度を高めるため、2012年から横浜繊維振興会が募集しているもの。今年は佐々木さん、峯岸さんのほか、小林優衣さん(19)=藤沢市在住=、高橋由紀江さん(66)=栄区在住=が大使に選ばれた。4月27日(日)には横浜赤レンガ倉庫で任命式が行われる予定だ。

「憧れ」の横浜で

 佐々木さんは北海道小樽市出身。昨年3月まで地元の高校で教師を務め、テレビの横浜スカーフ特集を観て、「いつか横浜に行って、実物を見てみたい」と憧れを抱くようになった。12月に横浜に移り住んでからは、実際にスカーフの巻き方教室にも通い始め、今も勉強中だという。

 佐々木さんはその魅力を、「カラフルで見た目がきれいなだけでなく、何人もの職人の手を経て作り上げられているというのも素敵」と語り、「1枚のスカーフでも、巻き方を変えればまったく違う表情を見せる。勉強して、魅力を伝えていきたい」と話した。

「地元」に貢献

 一方、峯岸さんは生まれも育ちも港南区。小学生のころ、大岡川の近くには横浜スカーフの捺染(なっせん)工場が多く、「工場見学に行ったこともあり、身近に感じて育った」と笑顔を見せる。

 「ミス横浜」に選ばれたこともある峯岸さんは、「PRを通じて、また横浜に貢献できたら」と応募の経緯を明かす。峯岸さん自身、スカーフは普段から取り入れており、「使い方を覚えれば、おしゃれなだけでなく、とても便利なもの。横浜スカーフは特に質も良いので、国内外や男女を問わずに、多くの人に広めていきたい」と意気込みを話した。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

小中学生将棋で全国へ

小菅ケ谷小佐々木君

小中学生将棋で全国へ 文化

関東ブロック代表に

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

存続の危機にも地道に

横浜栄高鉄研同好会

存続の危機にも地道に 教育

ツイッターなどで発信続け

10月15日号

規制緩和で移動販売実現

市営野庭住宅

規制緩和で移動販売実現 社会

「空き駐車場」を有効活用

10月15日号

自治会50周年を祝い

県営日野団地

自治会50周年を祝い 社会

高齢化でも「前向きに」

10月8日号

コロナ禍の災害に備え

湘南桂台自治会

コロナ禍の災害に備え コミュニティ社会

感染者の誘導など確認

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク