港南区・栄区版 掲載号:2014年7月3日号 エリアトップへ

よこはまおやつ 障害者施設で製造・販売へ 洋菓子店がレシピを寄贈

社会

掲載号:2014年7月3日号

  • LINE
  • hatena
レシピを寄贈したよこはまおやつ関係者ら
レシピを寄贈したよこはまおやつ関係者ら

 横浜ならではのお菓子がコンセプトの「よこはまおやつ」を製造する市内の洋菓子店8店などが6月26日、港南区役所に昨年度のよこはまおやつの売上の一部を寄付したほか、よこはまおやつのレシピを寄贈した。今後は各洋菓子店に加え、区内の障害者施設もレシピを基によこはまおやつを製造、販売していく計画だ。

 よこはまおやつは横浜商工会議所南部支部(笠原節夫支部長)が主導して誕生した地域ブランド。建設業の(株)キクシマ(港南台)が地域貢献活動の一環として実施している養蜂事業で採取した蜂蜜と、鶏卵生産販売の(株)八千代ポートリー(港南)が環境に配慮して生産した卵「食菜卵(しょくさいらん)穂(ほ)の華(か)」を使い、趣旨に賛同した洋菓子店8店が焼き菓子を考案し、販売している。

 当日はよこはまおやつを製造する洋菓子店などで構成する「ヨコハマハニー&エッグプロジェクト推進委員会」が港南区役所を訪れ、同推進委員会の秋山信直委員長が齊藤貴子港南区長に昨年度の売上の一部8万6500円を寄付した。また、よこはまおやつのレシピは特定非営利活動法人「こころの健康を考えるかるがも会」が運営する精神障害者の自立・就労支援事業所「かるがもの家」(港南台)の管理者、国原俊子さんに手渡された。

 寄付金は区内公立保育園に寄贈する絵本代となるほか、よこはまおやつの製造に必要な金型代等に充てられる。レシピは今後、かるがもの家を含め、区内の施設数カ所に割り振られ、レシピを考案した各洋菓子店が直接指導をしていく。販売開始は商品の味や質が安定し、各店舗が認めてからとなるため未定。実際にかるがもの家で指導を行ったフリアンドール(磯子区)の高田良一さんは「なるべくいい商品となるように支援していきたい」と話しており、同推進委員会の田浦良介副委員長も「なるべく早く販売を開始できたら」と意欲を見せている。

プロのレシピに期待

 レシピはプロのパティシエが考案し、実際に商品化されているもの。これを製造できることで施設製品の品質・価値が上がり、利益も得やすくなるため、施設利用者のやりがいや自立につながることも期待される。

 齊藤区長は「施設は今までも一生懸命お菓子作りをしてきたが、プロの方からレシピを頂き、指導してもらえる機会は初めて」と喜び、国原さんは「(よこはまおやつは)商品価値が高く、利用者の自信につながる。自立や働くことの大切さも知ってもらえるのでは」と期待を隠さない。笠原支部長は「商工会議所の使命は『街の活性化』。これに官民が連携して取り組み、地域に喜んでもらえた」と手応えを語っていた。

人気の「よこはまおやつ」
人気の「よこはまおやつ」

港南区・栄区版のトップニュース最新6

10年で登録者10倍

シニアボランティア

10年で登録者10倍 社会

マッチングに課題も

9月19日号

柔道大会で準V

柔道大会で準V スポーツ

港南チームの但馬幹育君

9月19日号

警察署窓口の「花」に感謝状

港南中学校華道部

警察署窓口の「花」に感謝状 文化

月2回の生け花手入れ

9月12日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

リニューアルをお祝い

上郷森の家

リニューアルをお祝い 文化

客室一新、テントサイトも

9月5日号

平和スピーチで市長賞

平和スピーチで市長賞 教育

港南・栄の小中学生

9月5日号

今年も本郷台で駅前祭り

今年も本郷台で駅前祭り 文化

ステージや屋台が盛りだくさん

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク