港南区・栄区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

所有者不明の猫を救う(下) 猫の「生」見守る責任を

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 「雨の日に、段ボールに入れられた猫がいたとしたら、どうしますか」――。港南区獣医師会の太田雄一郎会長=写真=は開口一番、質問を投げかけた。放っておけず、思わず拾い上げて連れ帰ってしまう人がいるかもしれない。だが飼い続けられるのならともかく、そうでなければ他の飼い手を探すか、結局は捨てるほかなくなる。

 「猫を捨てないで、と呼びかけるのは難しい」と太田会長は話す。「結果だけに着目して、捨てるのが悪いと責めるなら、そもそも拾うことすら否定することになる。だがそれは正しいのか。優しい心による行動であるはずなのに」

 太田会長は港南区内の野良猫を減らそうと、ボランティア団体「港南キャッツアイ」の会長としても活動し、不妊去勢手術費用の募金などに取り組んできた。だが、屋外にいるのは飼い主のいない野良猫に限らず、飼い猫を家の内外で自由に出入りさせているケースも多い。「飼い猫を外に出すのであれば、最低限やるべきことがある」と言い、「不妊去勢手術をして、外での繁殖を防ぐこと。また、猫が他人に迷惑をかけた場合に備え、連絡先を記した首輪をつけること」を挙げる。「飼い猫が外で何をしていようが『知らない』、という態度は無責任すぎるのでは」

 繁殖によって増えることがなければ、野良猫は時間の経過とともにそれぞれの生を終え、やがては姿を消していく。横浜市も、地域猫活動などを通して将来的には飼い主のいない猫をなくす方向を目指している。「不妊去勢などによって、飼い主のいない猫が増えないよう、まずは徹底すべき。そうすれば、猫が嫌いな人にも、1代限りと思って今生きている猫を大目に見てもらえるかもしれない」と、太田会長は社会における妥協点を提案する。

 処分を余儀なくされ、幼く生を終えることだけでなく、嫌われながら生を営むこともまた、猫にとっては不幸なことだろう。責任ある管理こそが、猫を救う道なのかもしれない。

(了)

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

地下スペースにカフェ開店

栄区

地下スペースにカフェ開店 経済

多世代向け講座も展開

7月18日号

歌丸さん愛用品を展示

歌丸さん愛用品を展示 文化

南区の横浜橋通商店街であすまで

7月18日号

芹が谷銀座に往年の賑わい

芹が谷銀座に往年の賑わい 経済

年に一度の夜店に子どもら

7月18日号

H3Oが国交大臣表彰

H3Oが国交大臣表彰 社会

福祉取り入れた独自の緑化

7月18日号

チーム力で横浜支える

新任局長インタビュー

チーム力で横浜支える 社会

小林正幸 環境創造局長

7月18日号

訪問の家に車両を寄贈

港南台LC

訪問の家に車両を寄贈 社会

施設利用者の交通手段に

7月18日号

まちづくりルールを変更

丸山台

まちづくりルールを変更 社会

制定から10年、課題へ対応

7月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク