港南区・栄区版 掲載号:2014年8月28日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 団地再生でモデル事業 職員派遣し合意形成支援

社会

選定団地の一つ、左近山団地
選定団地の一つ、左近山団地
 横浜市は8月4日、建物の老朽化や住民の高齢化が進む市内の団地再生支援事業の一環として市内3団地を選定した。これらの団地をモデルケースとして今後の施策に生かすほか、有識者などを交えた政策形成など、多角的な施策で団地再生を目指す。

 今回支援事業に選ばれたのは「左近山団地」(旭区・1968年建築・1300戸)、「希望が丘コーポラス」(旭区・72年建築・121戸)、「南神大寺団地」(神奈川区・74年建築・1430戸)の3団地。

 横浜市には現在、築30年以上で住戸数500戸以上の大規模団地が61ある。これらの団地では、建物の老朽化やマンションと比べた間取りの狭さ、近隣商店の撤退などが若い世代に敬遠され、過去10年で入居者の少子高齢化が市平均より急速に進み、空き家の増加も問題となっている。また、多くの住民がそれぞれの生活課題を抱えながら暮らしているため、建替えや修繕、安全対策などの合意形成が難しいのも共通した課題だ。

 今回の再生支援事業はこうした状況の打開策の1つとして打ち出されたもの。市が団地にコーディネーターを派遣、勉強会などを通じて住民が将来像を共有し、住民発意の再生を促す環境づくりをサポートする。例えば、左近山団地では敷地内の緑化を団地再生の第一歩と位置付ける。管理組合の関係者は「住民の多くはこの緑の豊かさに惹かれて入居したが、維持には大規模な植替えも必要。バリアフリー化なども含め、身近な問題から将来像までみんなで話し合っていけたら」と話す。市の担当者も「住民の向かうべき目標が合意できれば、市も様々な支援策ができる」と期待する。

 市では来年度からの中期4か年計画でも「団地再生」を課題の1つに盛り込む予定で、この事業をモデルケースとして市内の他団地にも広げていきたい考えだ。

外部の声も政策に

 また、市では市民や企業、研究者からもアイデアを求めるべく、行政の持つ膨大なデータを活用した団地再生の道をさぐる会議を8月8日に開いた。このような取組みは全国でも例がなく、市は「今後も様々な施策で若い世代にも魅力ある団地再生に取り組みたい」としている。

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6件

謎の全体像 解明進む

田谷の洞窟

謎の全体像 解明進む

3月29日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

町内会館「より使いやすく」

小菅ケ谷第一町内会

町内会館「より使いやすく」

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

港南区選抜が準優勝

少年野球各区選抜大会

港南区選抜が準優勝

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク