港南区・栄区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

市立南高 60周年の節目祝う 1400人で記念式典

教育

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena
厳かな雰囲気の中で行われた
厳かな雰囲気の中で行われた

 市立南高等学校(港南区東永谷2の1の1/鈴木英夫校長・生徒数588人)は今年、1954年の創立から60周年を迎え、9月3日に記念式典を開催した。附属中学校の生徒のほか卒業生など多数の関係者も出席し、「南高(なんこう)」の節目を祝った。

 創立60周年記念式典には、南高と附属中学の生徒あわせて約1080人が出席。また教職員やPTAのほか、卒業生からなる「同窓会」、卒業生の保護者も含めた「後援会」などの関係者約320人も式典に立ち会った。

 あいさつに立った鈴木校長は、「教育は未来を創る営み。60年の歴史の中で、先人たちが生み出してきた未来こそが現在の南高校」と語り、「これからの未来を切り拓いていく南高生の存在が、南高の『自主自立』の伝統を未来につないでいく」と生徒にエールを送っていた。

 また、生徒代表として登壇した生徒会長の冨岡真帆さん(2年)は、「(南高は)2012年から中高一貫校となり、今年度は遂に6学年が揃った。生徒会のあり方も改めて見直されている」と話し、「先輩たちが築き上げてきた伝統の上に、今の南高らしさを加えていきたい」と意気込みを語っていた。

 式典ではほかに、創立60周年記念事業実行委員会の朝倉敦子さんや、同校PTAの渡邉路人会長なども登壇し、祝辞を述べていた。

2部に演奏会も

 またこの日は式典に引き続き、第二部として栄区出身のバイオリニスト、山根一仁(かずひと)さん(19)による演奏会も行われた。山根さんは、豊田中学3年時に日本音楽コンクールバイオリン部門で1位に輝いた実力派で、演奏会ではサラサーテ作曲の「カルメン幻想曲」や「ツィゴイネルワイゼン」などを披露した。

 山根さんは「(高校)3年生はこれから、働く人もいれば大学や他の学校に進む人もいる。それぞれの夢に向かってほしいし、良い人生、将来を送ることを祈っています」と話していた。

 止まない拍手の中、2度目のアンコールでは同校弦楽部の中高生とともにステージに上がり、校歌の合奏で演奏会を締めくくった。

演奏で華を添えた山根さん
演奏で華を添えた山根さん

港南区・栄区版のトップニュース最新6

駐日大使と対話実現

港南区の高校生

駐日大使と対話実現 社会

コロナでオンライン活用

1月21日号

デジタル観光マップ公開

港南区

デジタル観光マップ公開 文化

ルート検索も可能に

1月21日号

粗大ごみ搬入ヤード新設

栄区上郷町

粗大ごみ搬入ヤード新設 社会

港南区の施設は終了

1月14日号

「緊急事態」に手探り続く

「緊急事態」に手探り続く 社会

地元各店、対応強いられ

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

3月から利用予約受付へ

港南公会堂

3月から利用予約受付へ 社会

供用開始は5月10日予定

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク