港南区・栄区版 掲載号:2014年9月25日号 エリアトップへ

芹が谷在住大平氏 初期消火器具を寄贈 地域の消火能力向上を

掲載号:2014年9月25日号

  • LINE
  • hatena
(上)感謝状を手にする大平氏=中央右=、(下右)寄贈された同器具、(下左)実際に設置した様子
(上)感謝状を手にする大平氏=中央右=、(下右)寄贈された同器具、(下左)実際に設置した様子

 火災発生直後に一般市民でも初期消火が可能となる「スタンドパイプ式初期消火器具」一式を、芹が谷在住の大平力藏さんが9月16日、横浜市に寄贈した。寄贈された同器具は今後港南消防署が活用する。

 同器具はマンホール内の消火栓に設置するだけで消火活動ができるようにするもの。利用方法は簡易で、しかもホースも軽量であるため移動しやすく、女性でも一定の訓練を事前に行っておけば初期消火ができるようになる。実際に運用できれば、消防隊が現場に到着する前に被害を減少させることが期待できる。

4年で200基整備目指す

 今回寄贈した大平氏は港南区内などでカーディーラーを経営するほか、港南火災予防協会の会長なども務める。地域の災害対策に関心が高く、「山坂が多い港南区では消防車が入りにくい場所も多い。初期消火の段階で、同器具が活躍すると確信していた」と話すなど同器具の必要性を以前から感じていたという。

 横浜市消防局は地域の消火能力向上を目的に、2014年度から17年度の4年間で同器具200基の整備を目指しており、自治会町内会が設置する場合に補助を行っている。補助額は費用の3分の2(上限20万円)までとなり、家屋が密集し、延焼拡大のおそれがある地域で、器具の取扱い訓練を定期的に実施することが条件だ。

「住民自らが減災行動を」

 16日に港南区役所で寄贈式が行われ、齊藤貴子港南区長をはじめ、港南区連合町内会長連絡協議会の藤田誠治会長らも出席=写真上。大平さんには港南署の松田康博署長から感謝状が授与された。今回寄贈された同器具一式は20mのホースが4本セットされており、現在港南署にある1基に加え、地域への説明や訓練用として活用するという。松田署長は「火災現場では消防の力が及ばない場合もある。住民1人ひとりの力を高める必要がある」と話していた。また、大平氏は「減災行動が一番大切。住民自ら対策することが必要だ」と寄贈した同器具の活用を呼びかけていた。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

粗大ごみ搬入ヤード新設

栄区上郷町

粗大ごみ搬入ヤード新設 社会

港南区の施設は終了

1月14日号

「緊急事態」に手探り続く

「緊急事態」に手探り続く 社会

地元各店、対応強いられ

1月14日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

3月から利用予約受付へ

港南公会堂

3月から利用予約受付へ 社会

供用開始は5月10日予定

1月7日号

「球団10年目を飛躍の年に」

(株)横浜DeNAベイスターズ

「球団10年目を飛躍の年に」 スポーツ

岡村社長 新春インタビュー

1月1日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 社会

IR誘致は継続へ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク