港南区・栄区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

横浜市 認知症支援チーム設置へ 急増する患者に対応

政治

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は認知症の早期対応を目的とした「認知症初期集中支援チーム」を今夏、2区に設置する。3カ年で全区での導入を目指し、認知症患者やその家族を医師と保健師、看護師などの専門職で構成する支援チームで支えていく方針だ。

10年後に12万人超

 団塊世代が75歳以上となる2025年までに、全国で約700万人にまで増加すると見込まれる認知症。市内では昨年9月末の時点で約7万8千人を数え、10年後には12万4千人に達すると推測している。

 現在、認知症は根治が望めない病気で、予防と早期発見、早期対応が重症化を防ぐ鍵とされる。しかし、症状から老化との判別が難しく、医療機関で診療を受ける頃にはかなり進行した段階で発見されるケースが多いという。

2区で先行導入

 こうした”出遅れ”を未然に防ぐのが認知症初期集中支援チームの役割ということになる。専門医1人と、保健師、看護師ら専門職2人以上でチーム編成し、医療機関などに置かれる。

 今年度先行設置される2区は未定だが、5月中には委託業者が選定され、8月頃事業に着手したい考え。その後、17年度までの3カ年で全区に広げていく方針だという。

初期段階から支援

 チームは家族や地域からの訴えや情報に応じ、初期段階から関わって支援体制を作る。期間は患者が医療や介護サービスによる安定的な支援に移行するまでの間で、最長で概ね6カ月。

 市健康福祉局の担当者は「認知症高齢者は急増しているが、潜在的患者も含めればもっと多いはず」とした上で「初期段階で医療機関を受診できれば進行を緩やかにすることもでき、徘徊などの症状を改善することもある程度可能。また関係機関との連携が強まることにより地域間で支えていく環境づくりを整備することもできるのでは」と相乗効果にも期待する。

 事業は、国が今年1月に策定した認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)を受けて行われ、県内自治体では昨年、茅ヶ崎市が先行して導入している。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

救急搬送に安全バンド発案

芹が谷消防出張所

救急搬送に安全バンド発案 社会

コンテストで優秀賞

3月26日号

栄区、上昇に転じる

公示地価

栄区、上昇に転じる 社会

港南区は上昇も伸び率減

3月26日号

ひぎりの50年を写真で

ひぎりの50年を写真で 社会

港南区役所にパネル展示

3月19日号

旧港南工場敷地に決定

市南部病院移転先

旧港南工場敷地に決定 社会

2027年の開院へ

3月19日号

街の魅力&危険をマップに

港南台

街の魅力&危険をマップに 社会

住民目線の情報を共有

3月12日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月26日号

お問い合わせ

外部リンク