港南区・栄区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

マイナンバー 事業者へ早期対応求める 横浜市、説明会を初開催

社会

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena
セミナーの様子
セミナーの様子

 国民に12桁の番号を割り当てる「マイナンバー制度」が2016年1月から導入されるのを前に、事務主体の横浜市は事業者向けのマイナンバーセミナーを5月12日に初開催した。

 参加者からは「対応は手探り」との声も聞かれ、今後市は制度の広報・周知を継続していくという。

導入前の準備必要

 マイナンバー制度は国が社会保障や税などの情報を紐づけ分散管理するもの。導入後は、年金給付や確定申告などの行政手続きにマイナンバーが必要となる。

 事業者も、個人のマイナンバーを取り扱うようになる。源泉徴収票などの税や社会保障関係の書類に、従業員のマイナンバーの記載などが求められるからだ。

 個人情報を保護するため、事業者のマイナンバー取り扱いには厳格な本人確認などの様々なルールが定められており、対応には準備が必要だ。

「専門家も活用を」

 12日のセミナーには市内外320社が参加。事業者のマイナンバー取り扱いに関するガイドラインについてや、制度開始までの体制作りなどが説明された。

 講師として登壇した(株)野村総合研究所の梅屋真一郎氏は、「まだ準備はこれからという企業は多いが、ゆっくりしていると間に合わない。なるべく早く準備を」と呼びかけた。従業員へ制度の周知徹底をしておくこと、税理士や社会保険労務士など専門家の外部サービスを最大限活用することなどをアドバイスしていた。

「安全管理に不安」

 参加者は、「準備はこれから。安全に情報管理ができるか不安。皆手探りだと思う。外部委託するか今後検討したい」と話していた。

 市の担当者は「事業者の対策は今年度本格化していくと思う」と話し、説明会などを通じ情報提供を続けていくという。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

ハマスタに響く 感謝の歌声

ラグビーW杯開幕

あす20日

ラグビーW杯開幕 スポーツ

栄公会堂でPVも

9月19日号

例祭で無病息災願い

例祭で無病息災願い 社会

下永谷神明社

9月19日号

県、ドローン社会実現へ一歩

県、ドローン社会実現へ一歩 社会

産学公連携のネットワーク始動

9月19日号

山北の森を体感しよう

山北の森を体感しよう 経済

11月10日 参加者募集中

9月19日号

22日に越中おわら節

上大岡地区

22日に越中おわら節 文化

恒例の町流しも

9月19日号

介護相談窓口を開設

横浜銀行

介護相談窓口を開設 経済

会員向けに新サービス

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク