港南区・栄区版 掲載号:2015年5月28日号
  • googleplus
  • LINE

火災予防協会 「具体的な減災行動を」 初期消火器具を寄付へ

社会

 港南火災予防協会(大平力蔵会長=写真)の総会が4月28日にウィリング横浜で開催された。

 当日は昨年度の事業実績や決算などが承認されたほか、大平会長は今年度、火災予防協会としてスタンドパイプ式初期消火器具を1基、自治会町内会などに補助する意向を示した。

 同器具は大規模地震が発生した際、火災の拡大を防ぐため、地域住民が消火栓に接続して初期消火を行うためのもの。持ち運びができるため、道が狭く、住宅が密集している地域などは特に有効と考えられている。

 大平会長は同器具を寄付することで「理念だけではなく、具体的な減災行動につなげたい」と話し、「自分たちのまちは自分たちで守るという意識づくりができれば」と話していた。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク