港南区・栄区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

丸山台いちょう坂商店会の「ハロウィン」イベントを実行委員長として初開催する 加賀屋 寿文さん 野庭町在住 34歳

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

「ベッドタウン」以上の街に

 ○…丸山台いちょう坂商店会は、3月の歩行者天国イベントに続き初開催の「ハロウィン」イベントを目前に控える。自身は5年前、上永谷駅近くに炭火居酒屋「トリゴコロ」を開業したが、商店会には「面白そうなことをやっている」とホコテンを機に加盟した。定例の会議にはほぼ出席し、今回推薦を受けて実行委員長に。「後から加わったので、(自分で)いいのかなという戸惑いはあった。その反面、正直うれしさもある」

 ○…若手不足に悩む商店会も少なくない中、丸山台は会長をはじめ30代40代の商店主が積極的で、「何でもやってみよう、という勢いがある。発想も自由に広がり、モチベーションにもなる」。4年前には近隣の飲食店に呼びかけ、上永谷で男女総勢200人規模の街コンを自ら企画したことも。「ベッドタウンとして多くの人が住む街。『寝に帰る』だけでなく、もっと20代30代にも楽しみのある街にしていければ」。ハロウィンもその1つだが、「今後は駅前ビアガーデンなんかもやってみたい」と意欲を語る。

 ○…秋田市出身。親戚が小料理屋を営み、「お客さんと一緒に楽しんでいるだけに見えるのに、お金も稼げているのが不思議だった」と、経営者への憧れを持った。一度は秋田で会社員としての道を歩んだが、長期出張の東京で「面白い店がこんなにたくさんあるなんて」と衝撃を受けた。自分だったらこんな店を、とアイデアを練り出すと止まらなくなり、27歳で上京。6店舗の飲食店勤務を経て独立を果たした。上永谷を選んだ理由の1つは「田舎者なので、都内よりも『あったかい街』がよかったから」。

 ○…仕事は朝の8時から深夜2時を回ることもあり、収入も不安定だが、「会社員時代より『やりがい』はある」。とはいえ週1日の休みには、漫画喫茶での気分転換が欠かせない。「街に出かけると、すぐ仕事のことを考えちゃうので」。頭の中は店や街への思いとアイデアにあふれている。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

橋本 昌幸さん

横浜市埋蔵文化財センターの所長として発掘調査や普及啓発に取り組む

橋本 昌幸さん

相模原市在住 59歳

9月12日号

角 祐一さん

創立30周年を迎えるさかえ男声合唱団の指揮者を務める

角 祐一さん

桂台南在住 75歳

9月5日号

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月29日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

丸塚 裕紹さん

このほど港南区獣医師会の会長に就任した

丸塚 裕紹さん

港南台在住 67歳

8月8日号

渡邉 一郎さん

6月20日付けで(公社)横浜南法人会の会長に就任した

渡邉 一郎さん

中区在住 61歳

7月25日号

須田 次朗さん

港南地区保護司会会長に就任した

須田 次朗さん

野庭町在住 71歳

7月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク