港南区・栄区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

今年30周年を迎えた港南区ゲートボール連合の会長を務める 中熊(なかくま) 隆二さん 東芹が谷在住 82歳

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

最高の生涯スポーツ

 ○…「高齢者がスマートに楽しむ生涯スポーツ」。相手の作戦を読んで先の展開を予想し、ボール配置を考える。そんな戦略の奥深さがゲートボールの魅力だ。今年創立30周年を迎えた港南区ゲートボール連合をまとめ、10月15日には記念大会も成功裏に終えた。

 〇…鹿児島県出身。大学卒業後は数学の教員として鹿児島県内で教鞭を執る。転機は定年まで残すところあと3年といった時。子どもの進学を機に一大決心をして故郷を離れ、横浜へと移り住んだ。県立鶴見高校で定年を迎え、民間企業を経て地元で生活をする中で出合ったのがゲートボール。東芹が谷福寿会の会長に誘われ、体験をしてみると「ゴルフより面白い」。競技にのめり込み、3級、2級、1級と審判の資格も取得。今でも夫人と同じチームで仲良くボールを追いかける。「身体が動く限りは続けたい」。生涯現役を宣言する。

 〇…「やさしく、楽しく、なごやかに」をモットーに会長を務め14年目。会員が良い雰囲気の中で競技を楽しむ姿に充実感をにじませる。「1つレールをひけた。これを後輩に伝えていきたい」と話す一方で、目下の課題は会員の増強。18区で2番目となる会員数を誇るが、団塊の世代の加入が少ないと嘆く。高齢者が楽しむスポーツの多様化もあり、苦戦をしている状況だが、「ゲートボールは頭を使うスポーツ。『年寄りの遊び』というイメージを払拭したい」と強い意欲を見せる。「目標は現在の会員数170人から250人に増やすこと。次の会長への宿題かな」といたずらっぽく笑う。

 〇…大切にしていることは「忠実であること」。すべてのことに実直に向き合う人柄からか、横浜市ゲートボール連合の理事長も歴任。ゲートボールの普及や発展に尽力してきた。仲間づくりや健康づくりといった点も含め、「これ以上の生涯スポーツはない」。30周年の節目だからこそ、ゲートボールの魅力を伝える言葉に力が入る。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月6日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月30日号

佐藤 史子さん

障害者スポーツ文化センター「ラポール上大岡」の館長を務める

佐藤 史子さん

鎌倉市在住 58歳

1月23日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 19歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク