港南区・栄区版 掲載号:2015年11月26日号 エリアトップへ

横浜創学館高校・硬式野球部の主戦投手で、阪神からドラフト4位指名を受け仮契約した 望月 惇志さん 芹が谷在住 18歳

掲載号:2015年11月26日号

  • LINE
  • hatena

妥協なき探究 プロの道開く

 ○…目標だった聖地・甲子園を本拠地にプロとしての第一歩を踏み出す。ドラフト会議の後、携帯電話に届いた350通もの祝福メッセージには3日がかりで返答した。「変化球を増やし、直球のキレに磨きをかけたい」。余韻に浸る間もなく、先を見据える。

 ○…芹が谷在住。2人の兄の影響で白球を追うように。「練習のある土日が待ち遠しかった」。芹が谷中時代は硬式クラブの横浜南ボーイズで投手に。「本塁打と四球以外は野手の力で助けられる。7人が守ってるんだ」。指導者の言葉に、帽子のつばに「後ろ」と書いてプレーした。2度の全国行きを果たすも、怪我に泣いた最後の夏は登板叶わず。だが、それまでを評価し、唯一声をかけてくれたのが横浜創学館だった。「ここしかない」。心を決めた。

 ○…188cmの長身から投げ下ろす最速148キロの直球は、入学当初は未完の剣だった。原点は1年秋。練習試合で打ち込まれて早々に降板し、県大会はベンチを外れた。「悔しかった。倒れるまで全てやろう」。練習後、夜10時を回ってもジムへ。授業の栄養学を応用し、野球の成長を妨げる食べ物は徹底して排除した。追い込むたび脳裏をよぎるのは「あの試合」。「折れちゃいけない」、そう奮い立った。やがて背番号1の重みも後押しに。「背中で引っ張ろう」。先頭に立ち、仲間をフォローする。胸に生きるのは「後ろ」への信頼だ。自信を削がぬよう「味方がミスした時はホームを踏ませるな」。先輩の言葉を守り、己の背中で関係を築いた。ボーイズ時代から絆で結ばれた遊撃手のエラーでは、そのせいか失点がない。

 ○…入学から2年で、球速は20キロ近く増した。「プロが、夢から目標に変わった」。次の夢は「日本代表」。高校の先輩で、日本の年間最多安打記録を塗り替えた西武・秋山翔吾選手の波に乗り、「創学館を全国に広めたい」と真っすぐ話す。後輩の道標として、新たな舞台に立とうとしている。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

菅野 重和さん

9月3日付で港南警察署の署長に着任した

菅野 重和さん

港南警察署長 58歳

9月17日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月10日号

中野 義人さん

9月1日付でNPO法人未来塾の2代目塾長に就任した

中野 義人さん

鍛冶ケ谷町在住 82歳

9月3日号

鈴木 裕子さん

今年度から港南図書館の館長として各種企画に取り組む

鈴木 裕子さん

港南図書館館長 60歳

8月20日号

早瀨 憲太郎さん

8月に市内で全国初上映される映画『咲む』で監督・脚本を務める

早瀨 憲太郎さん

市内在住 47歳

8月6日号

剱持(けんもち) 京助さん

2020年度の会長として神奈川県弁護士会の舵を取る

剱持(けんもち) 京助さん

横浜市出身 58歳

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク