港南区・栄区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

(株)マイホーム・スタジオ 間取りコンテストを初開催 一般参加の7作品を表彰

経済

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
(左から)同社の永野社長と、受賞した原田さん、久保さん、青柳さん、北村さん
(左から)同社の永野社長と、受賞した原田さん、久保さん、青柳さん、北村さん

 不動産の新築、仲介、リノベーションなどを手掛ける丸山台の(株)マイホーム・スタジオ(永野正之社長)がこのほど施工中の物件を活用した「野庭団地スケルトン・リノベーションデザインコンテスト」を初開催し、審査を経て14日に表彰式を開催した。

 「スケルトン」とは内装を撤去した状態のことで、コンテストでは白紙の間取り図を使用し、部屋のアイデアを募集。テーマは各自が設定し、近隣住民を中心に43点の応募があった。最優秀賞、優秀賞のほか、15歳以下対象のヤングデザイナー賞を合わせて7作品が入選した。

 14日の表彰式に参加したのは、受賞者のうち最優秀賞の青柳珠実さん(36)、優秀賞の北村ハルミさん(70)、ヤングデザイナー賞の久保愛実(あみ)さん(13)、原田涼楓(すずか)さん(10)の4人とその家族。永野社長は「各自の設定したテーマに沿っているかという点、デザイン性、住み心地などの観点から選考を行った」と説明した上で、1人ひとりに選考理由を伝えながら表彰状と賞品を手渡した。

「施工に生かしたい」

 上永谷在住の青柳さんは、「要介護の親と独身の子供が共に住む部屋」というテーマを設定。リフォームのTV番組が好きだという青柳さんは、「想像して現実的なものを考えた」と明かし、「賞をもらえるとは思わず、びっくりしたけど嬉しい」と喜びを語った。

 また舞岡中学校(戸塚区)2年の久保さんは、「家族みんなに優しい家」というテーマで1人に1部屋ずつ割り振り、「家族が仲良く暮らせるような家をイメージした」と語った。

 コンテストを振り返って永野社長は、「思った以上に真剣に参加してくれる人が多く、いただいたヒントは施工に生かしていきたい。今後もこういった機会を作っていければ」と話した。

2月5日(土)税の無料相談会

13時30分~15時。会場は港南地区センター。事前申込みを。

http://www.miwa-chiemi.jp

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

東京ガスエコモを表彰

県美化運動推進功労者

東京ガスエコモを表彰 社会

40年以上、朝の地域清掃

1月20日号

日 野 小天 満 宮で「どんど焼き」

浅尾氏、自民公認候補に

参院選神奈川選挙区

浅尾氏、自民公認候補に 政治

1月20日号

「不幸な猫」を減らそう

港南区獣医師会

「不幸な猫」を減らそう 社会

無料で不妊去勢手術 30匹に

1月20日号

菊の花を街に展示&表彰

栄区桂台

菊の花を街に展示&表彰 文化

1月20日号

交流会で情報交換

栄区 市民の森愛護会ら

交流会で情報交換 社会

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook