港南区・栄区版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

児童虐待 市内対応件数が過去最多 5470件

社会

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は先月30日、2015年度の児童虐待の対応状況を発表した。児童相談所や区役所で受けた相談の対応件数は5470件で過去最多だった。

 3307件だった11年から毎年増加を示し、過去最多だった14年の4633件を更新した。5470件のうち、区役所で対応したのは1578件で、児童相談所で対応したのは3892件だった。

 相談内容を種類別にみると、心理的虐待が2241件(41・0%)で最も多く、次いで身体的虐待1594件(29・1%)、ネグレクト(育児放棄)1562件(28・6%)、性的虐待73件(1・3%)と続く結果だった。

 年齢別にみると、1〜6歳が2403件(43・9%)で最も多く、次いで7〜12歳1639件(30・0%)、13〜15歳635件(11・6%)、0歳504件(9・2%)、16歳以上289件(5・3%)と続いた。

 虐待者をみると、実母が3140件(57・4%)で最も多く、次いで実父1844件(33・7%)、実父以外の父243件(4・4%)、その他200件(3・7%)、実母以外の母43件(0・8%)だった。

 横浜市は市内4カ所の児童相談所と18区役所のこども家庭支援課を児童虐待の通告受理機関として位置付けている。市こども青少年局によると、区役所への相談は、福祉保健センターの業務で把握したケースが多く、ネグレクトに関するものが多い傾向があるという。一方、児童相談所は、警察からの通告が多くなり、特に「子どもが保護者間の暴力を目撃した」という心理的虐待が疑われるケースが増加しているという。

 こうした状況について、同局では「市民や関係機関への啓発、社会の関心の高まりにより、様々な経路から通告が寄せられている。区と児童相談所が連携して、その後の支援を行っている」としている。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

休校中の子どもにカレー

野庭地区

休校中の子どもにカレー 社会

老舗専門店と社協

4月2日号

閉校しても「思い出を胸に」

閉校しても「思い出を胸に」 教育

野庭中出身・伊澤さん

4月2日号

思い出に残るマラソン大会1位

野庭中OBサッカー元日本代表・坂田さん

思い出に残るマラソン大会1位 社会

4月2日号

湯立神楽で「無病息災」

永谷天満宮

湯立神楽で「無病息災」 文化

4月2日号

まちづくり方針を改定

栄区

まちづくり方針を改定 社会

「空家対策」「森の魅力」追記

4月2日号

県が男性育休ガイドを発行

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク