港南区・栄区版 掲載号:2016年6月16日号 エリアトップへ

ブルーインパルスの1番機飛行隊長として全国のイベントでアクロバット飛行を披露する 稻留(いなどめ) 仁(ひとし)さん 鶴見区出身 43歳

掲載号:2016年6月16日号

  • LINE
  • hatena

軌道で空に夢を描いて

 ○…航空自衛隊の精鋭パイロットからなる6機の曲技飛行隊「ブルーインパルス」で、4月から1番機飛行隊長を務める。同隊が上空に描く白い軌道は、東京五輪開会式など様々な場面で見上げる人たちの心を魅了してきた。自衛隊基地での航空祭を中心に、全国でその技を披露するシーズンが5月から始まっている。「夢や感動、希望、笑顔を届けられる隊でありたい」

 ○…音速に近い高速度でのアクロバット飛行には、高度な技術と最大7倍にもなる重力に耐える体力が要求される。第一印象は「パイロットの目にも異次元の飛行。あんなのできるんだろうかと思っていた」と明かす。昨年、前隊長から技術を継承する「隊長付」として一員に選ばれ、その技を1年かけて体に覚え込ませた。「高度や速度はもちろん、風や雲、他の機体など空全体を把握していないと」。全神経を集中させる一方で、「パイロットは皆、空が好きなメンバー。ちゃんと自分たちが笑顔でいることも、魅せる上では大切なこと」と表情を緩める。

 ○…横浜で生まれ育ち、上の宮中学(鶴見区)、港北高校を経て、日本体育大学へ。体育教師を目指していたが、たまたま体験したグライダーで「空の気持ちよさ」に出合った。2歳上の兄・智(さとる)さんと同じ戦闘機パイロットを目指し、ゴルフ練習場などでアルバイトをしながらの浪人時代を経て、コックピットに辿り着いた。「初めて教官なしで1人で飛んだ時に、『あぁ、これを求めていたんだ』って実感して嬉しかったな」

 ○…3年間の任期中は松島基地(宮城県)の官舎住まい。まとまった休みには家族と横浜に帰省することも多く、小学5年と2年の息子たちにとっては、「普段は優しいけど、人を傷つけたり物を大事にしない時には厳しい父ちゃん」。シーズン中はほぼ毎週末、文字通り全国に飛び、「会場で実際に感じてみてもらえたら」。強くしなやかな飛行で空の魅力を伝えていく。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

森 正夫さん

今年4月から港南消防団の団長を務め、団員279人を取りまとめる

森 正夫さん

下永谷在住 67歳

10月15日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区笠間在住 23歳

10月8日号

瀬戸 貴生さん

10月1日で開店24周年を迎えた京急百貨店の店長の

瀬戸 貴生さん

大和市在住 60歳

10月1日号

菅野 重和さん

9月3日付で港南警察署の署長に着任した

菅野 重和さん

港南警察署長 58歳

9月17日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月10日号

中野 義人さん

9月1日付でNPO法人未来塾の2代目塾長に就任した

中野 義人さん

鍛冶ケ谷町在住 82歳

9月3日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク