港南区・栄区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

公明党 神奈川から研究成果を世界に発信 県議会議員 高橋稔

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena
三浦参院議員(右)と同センターの屋上で羽田空港をバックに撮影
三浦参院議員(右)と同センターの屋上で羽田空港をバックに撮影

 先日、開所式が行われた「ライフイノベーションセンター」(川崎区殿町)を三浦信祐参議院議員と共に視察しました。同センターは、再生・細胞医療分野で実用化をめざす国内外の関連企業やベンチャー企業、大学などを支援するため、県と民間企業が共同で整備したものです。本県から世界へ羽ばたく生命科学の最先端企業を支援するため、【1】研究開発機能【2】試作開発機能【3】生産機能【4】臨床機能【5】人材育成機能【6】産業化支援機能を集積し、高額研究機器を利用できるオープンラボなどの研究環境が整えられています。

議会での提言 実現化

 9月13日に行われた県議会本会議で▽子育て環境の整備▽障害者雇用▽指定管理者との情報共有▽真の共生社会の実現▽グローバル戦略と第4次産業革命の取組▽文化遺産の活用とスポーツ振興――について代表質問しました。

 こうした私の質問、提言に対し、県の計画・取組が明らかとなり、中でも待機児童対策に大きな進展がありました。芹が谷の県立精神医療センターで建て替え中の院内保育施設について来年4月のオープンにあわせて地域の子どもを受け入れる計画です。黒岩知事が答弁で明らかにしました。

 私は県立病院機構が運営する県立病院の4施設でも地域開放を求めました。県立以外の病院や民間企業内の保育施設でも地域開放が進み、神奈川から新たな待機児童対策のムーブメントを起こすことができると期待しています。

 また、子どもの人格形成の上で好影響を与えるスポーツの振興でも成果がありました。私は、子どもたちが日常的にスポーツに親しみ、家族や地域の人たちと一緒に楽しむイベントを集中的に実施する「スポーツ月間」の取組を進めるよう訴えました。

 これに対し、黒岩知事はラグビーW杯や東京オリンピック・パラリンピックを契機に関心が高まることから、現状の県民スポーツ週間を拡大し、「県民スポーツ月間」を設けることを検討すると明らかにしました。

 今後も県民の皆様のニーズを探りながら、真に求められる施策づくりに取り組んでいきます。

高橋みのる 

TEL:045-210-7630

http://takahashisite.com/

港南区・栄区版の意見広告・議会報告最新6

日本の未来を切り拓く新しい国創り

新春寄稿

日本の未来を切り拓く新しい国創り

内閣官房長官 衆議院議員 すが義偉

1月1日号

「地域課題を解決」更なる前進の年へ

3期目議員による市政報告 100

「地域課題を解決」更なる前進の年へ

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

1月1日号

県土の強靭化を目指して

自民党  県議会議員 桐生ひであき

県土の強靭化を目指して

安全・安心な人生100歳時代へ

1月1日号

待ったなし!災害対策を着実に

自民党 市会議員 せのま康浩

待ったなし!災害対策を着実に

被災者支援を国に要望

1月1日号

横浜にとって勝負の年

自民党 市会議員 たのい一雄

横浜にとって勝負の年

チャンス生かし更なる活性化へ

1月1日号

「郊外再生」「地域交通」一歩前進へ

3期目議員による市政報告 99

「郊外再生」「地域交通」一歩前進へ

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

12月19日号

視察の成果を市政へ夢のある取組も政治の役割

市会議員 たのい 一雄 市政報告

視察の成果を市政へ夢のある取組も政治の役割

12月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク