港南区・栄区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

「難病女児に心臓移植を」 支援者、手術費募る

社会

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena
手術を待つ陽茉莉ちゃん(家族提供)
手術を待つ陽茉莉ちゃん(家族提供)

約3億円必要

 心臓の難病を抱える横浜市南区の会社員・森川孝樹さんの長女・陽茉莉(ひまり)ちゃん(1歳8カ月)が米国で心臓移植手術を受けられるように、支援者らが募金活動を行っている。手術には2億9500万円が必要で、毎週末、駅頭で支援を募る。

 陽茉莉ちゃんは2015年1月に生まれた。3月、突然呼吸困難を起こし、「拡張型心筋症」と診断された。これは心臓の筋肉が広がって薄くなる難病。10万人に1人の割合で発症するとも言われる。

 現在は東京大学医学部附属病院に入院。小児用の補助人工心臓を取り付けて生活しているが、装着期限は基本的に1年間。その後は合併症のリスクが高まる。主治医から「1〜2年が限界」と伝えられ、主治医と関係の深い、米国・コロンビア大学病院での移植手術を決意した。

 手術に必要な2億9500万円を集めようと、孝樹さんの会社の同僚らによって「ひまりちゃんを救う会」が結成され、6月下旬から駅頭で募金活動を始めた。9月15日までに約1億9200万円が集まった。

 孝樹さんは「一日でも早く手術を受けさせてあげたい。家族一緒に暮らしたい」と話す。

 募金に関する問い合わせは救う会【電話】080・7967・0925。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月23日号

「港南台も時代の変わり目に」

「港南台も時代の変わり目に」 社会

連合自治会が賀詞交歓

1月23日号

自宅で最期を迎えるために

自宅で最期を迎えるために 教育

港南区3医師が講演

1月23日号

「身体を動かす楽しさを」

「身体を動かす楽しさを」 スポーツ

港南区体協が体操教室

1月23日号

「横浜が大きく開化へ」

「横浜が大きく開化へ」 政治

瀬之間市議、新春の集いで

1月23日号

パソコンで活動の幅広げて

パソコンで活動の幅広げて 文化

e-プラザが会員交流会

1月23日号

「一方向の支援ではなく」

「一方向の支援ではなく」 社会

栄区で災害時支援講演会

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク